セダン人気が一気に低迷へ。スバル「レガシィB4」が国内生産終了、他メーカのセダンも生産終了の恐れも

~「レガシィB4」の国内生産は終了するも販売は今のところ検討中~

スバルのセダンモデルとなる「レガシィB4」が、2020年秋頃を目途に国内生産を終了することがわかりました。
近年はSUVやクロスオーバー人気が続き、反対にセダン人気は一気に低迷が続いたことがきっかけとなったことから生産終了となりますが、まだまだセダン人気と「レガシィB4」の人気が高いアメリカでは生産・販売が継続されるようです。

スポンサーリンク

~セダン人気低迷はスバルは限らず他のメーカも~

なお、日本工業新聞も今回の内容について以下のように取り上げています。

SUBARU(スバル)は2020年秋にも、セダン「レガシィB4」の国内での生産を打ち切る。レガシィB4は北米での人気が続いており、生産拠点をアメリカに集約する。国内販売を継続するかは未定で、米国産の輸入を検討する。国内のセダン人気は低迷しており、需要に合わせて生産車種を最適化する。

スバルが主要サプライヤーに通達した生産計画によると、レガシィB4の生産を20年秋に止める。現在、群馬製作所(群馬県太田市)で生産しているが、米国子会社のスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブに生産を集約する。
国内市場は、燃費性能に優れた軽自動車やハイブリッド車(HV)の他、ミニバンやスポーツ多目的車(SUV)に人気が集まる傾向が続いており、セダンの人気は低迷している。2018年度の国内販売でも、上位10車種のうち7車種が軽で、3車種がHV設定車種だった。
一方、米国でもフォードモーターが北米でセダんから撤退するなどセダン販売の苦戦が目立つが、レガシィB4は堅調な販売が続く。スバルはレガシィB4の生産を日米2極体制から米国に集約することで効率化を進める
via:日本工業新聞

なお、これは国内ではないものの、欧州においてはレクサスのミドルサイズセダン「GS」が生産終了するとも言われていて、スバルに留まらずその他自動車メーカ全体のセダンモデルも販売需要が低下している状況にあります。

サイズ感はもちろんですが、それだけのパフォーマンスと品質に見合うだけの価格設定が難しいのがセダンと言われていて、今後安全装備の充実化や自律走行技術、そして電気自動車の普及により価格は間違いなく高騰していくことを考えると、より一層セダンを販売していくことは難しくなりそうですね。

☆★☆セダン関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう