日本仕様のレクサス・新型「RC F」の価格公開!ベースグレードは1,021万円から、上位グレード”Performance Package”の納期は2020年2月以降に

~遂に新型「RC F」の価格帯が判明~

2019年5月より、いよいよ発売スタートするレクサスの新型ハイパフォーマンスモデル「RC F」ですが、この個体の価格帯が判明したので早速公開していきたいと思います。
新型「RC F」は、現行の「RC」と同じフロントヘッドライトへと移行されるだけでなく、現行モデルでは、ベースモデルとなる「RC F」と、フロントボンネットやルーフ、リヤスポイラーにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用した「RC F”Carbon Exterior package”」の2グレードでしたが、今回のマイナーチェンジにより、新たに「RC F”Performance package”」(海外ではTrack Edition)が追加され、合計3グレードでのラインナップとなります。

スポンサーリンク

~新型「RC F」の価格帯はこうなっている~

さて、今回新たに発売される新型「RC F」のグレード別価格帯は以下の通り。
折角なので、比較のために現行のベースグレードとCarbon Exterior Packageとの価格差も記載しますので、どれだけ価格アップになったのか参考にしていただけたらと思います。

【新型「RC F」グレード別価格帯一覧(8%消費税込)】

・「RC F」:10,210,909円[現行比+386,909円]
・「RC F Carbon Exterior Package」:10,996,364円[現行比+402,364円]
・「RC F Performance Package」:14,042,020円

ベースグレードの時点から遂に1,000万円超えてしまいましたね…
エンジンは基本的に変わらないものの、出力やトルクが微妙にアップしたことやデザインと品質の向上、そして安全装備が充実化したことを考えると、約40万円も価格アップしてしまうのは致し方ないのかもしれませんね。

ただ、それ以上に驚いたのがPerformance Packageの価格。
これについては1,500万円を超えてくるものと予想していましたが、意外にも1,400万円程に抑えてきました。「LC500」に近い価格設定ですね。

カーボンデバイスを導入することで、従来「RC F」よりも70kgの軽量化が施され、更には電動のチルト&テレスコピックステアリングを設定している「RC F/RC F Carbon Exterior Package」に比べて、Performance Packageは手動になり、その分も軽量化対策に加えられていることを考慮すると、コストが掛かっているところはもちろんのこと、コストを抑えている部分もあるそうなので、そういった兼ね合いの中でこの価格が実現できたのかもしれません。

~Performance Packageの年内納車は100%不可能~

気になる納期についてですが、現時点での「RC F」の納期はグレードによってバラバラになっているようで、ベースグレードとCarbon Exterior Packageは2019年内納期が可能とのこと。
しかし、最上位グレードのPerformance Packageは特別なパーツをいくつか使用していることから、納期は非常に長くなるとのことで、2019年4月にオーダーをいれても、早くとも2020年2月以降になるとのことです。

カタログ等については、今のところ簡易的なプレカタログしか配布されていないので詳細は不明ですが、簡単的なオプション内容やボディカラー一覧、主要緒元等は以下の記事にてまとめておりますので、参考にしていただけたらと思います。

☆★☆新型「RC F」関連記事3選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう