シボレーの新型ミドシップスポーツ「コルベットC8」の正式デビューは7月18日で決定!既に広告車両が公道にてPR中【動画有】

~遂に新型「コルベットC8」の世界デビューが7月18日にて決定!~

シボレーの最新ミドシップスーパースポーツモデルとなる「コルベットC8(Corvette C8)」が、2019年7月18日に公式デビューすることが明らかになりました。
既に公式デビューすることを意味する開発車両 兼 広告車両もあらゆる公道にてテスト走行も兼ねて実走しているそうで、ある程度のフロントデザインはもちろんのこと、細かいパーツ部分もわかるようになってきましたね。

新型「コルベットC8」では、C7より流用される排気量6.2L V型8気筒エンジンがエントリーグレードに適用される予定で、最高出力507psを発揮すると言われています。
駆動方式は後輪駆動(MR)で、トランスミッションは8速デュアルクラッチトランスミッションとなっています。

スポンサーリンク

~これまでになくアグレッシブでスーパーカールックな見た目に進化する~

少しわかりにくいですが、新型「コルベットC8」では、これまで当たり前だったロングノーズ・ショートデッキではなく、エンジンがリヤミドシップに搭載されることでフードは短くなります。
その他にはアグレッシブなフロントデザインやサイドスクープ、そして急こう配のルーフラインに設計されていることで、フェラーリやランボルギーニのようなスーパーカースタイルへと進化しています。

足元のホイールも2ピースタイプのような複雑なマルチスポークホイールを装着していますし、リヤトランクスポイラーも中々にスポーティ。
恐らくグレードやオプションによってホイールデザインも異なると思いますが、もしかすると最上位グレードのハイブリッド仕様でしか装着できない特別なホイールなのかもしれません。

ちなみに、インテリアは以前の記事でもご紹介の通り、本革巻きの2スポークタイプでフラットボトムなステアリングホイールを採用する予定です。
ステアリングやホーンには、ダークローズ(もしくはレッド?)のカラードステッチが縫合され、全体的にスポーティな印象を与えることになりそう。

気になるメータ類ですが、フルデジタルインストルメントクラスターを採用しています。
センターにタコメーターがあり、更にその真ん中に速度メータ、水温計やGフォースメータが左側(最大レンジは1.25G)、そして右側には航続可能距離やトリップメータ等のインフォテイメントディスプレイが配置されていますね。

【C8 Corvette startup exhaust sound】

 

☆★☆シボレー「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう