2019年モデル・インフィニティ「Q50 Signature Edition」が4月19日開催のニューヨークオートショー2019にて公開!日本では新型「V37スカイライン」のテストカーも目撃に

~かなり豪華な「Q50」の特別モデルが発表へ~

来週4月19日より開催されるアメリカ・ニューヨークオートショー2019にて、インフィニティの特別なスポーツセダン「Q50シグネチャー・エディション(Q50 Signature Edition)」が世界初公開されることがわかりました。

今回公開されるモデルは、全5色からラインナップされるとのことで、足元にはダブル5スポークの19インチアルミホイール、フロント・リヤにはスポーティなデザインに仕上げられ、そしてトランクリッド上部には”Signature Edition”バッジが貼付されるとのこと。

スポンサーリンク

~有償オプションのパッケージも全て標準装備の豪華仕様~

インテリアについては、Kacchuアルミ製のアクセントトリムや本革シート、更には従来有料オプションとされるパッケージ(フロントシートヒータ/ステアリングヒータ/InTouchナビゲーションサービス/音声認識/リアルタイム交通情報/SiriusXM Traffic(4年間無償)/リモートエンジンスタートキット)が標準装備されているなど、非常に充実した一台となっています。

安全装備については、ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラート、バックアップ衝突防止、移動物検知付アラウンドビューミラー、パーキングセンサーも標準装備されています。

パワートレインについては、排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力300hpを発揮。直線的なパフォーマンス性等については、今のところ特に公開されていません。
恐らくこのあたりの詳細は、ニューヨークオートショー2019にて明らかになると思いますが、現時点では来月5月よりアメリカの各ディーラにて展示される予定となっています。

なお、ニューヨークオートショー2019では、「Qインスピレーションコンセプト/Q50/Q60 Red Sport 400/Q70L/QX50/QX60/Q80」といったインフィニティモデルがラインナップされます。

~日本ではVモーショングリルが設定された新型「V37スカイライン」のテストカーが目撃に~

ちなみにコチラは、宇都宮にて目撃された日産・新型「V37スカイライン」の開発車両。
フロントヘッドライトは現行とほぼ変化ないものの、やはり最も注目したいのはフロントグリル。
日産のVモーショングリルとなっていますが、今回のマイナーチェンジに加えて、年内にフルモデルチェンジが予定されている「フーガ」も同じくVモーショングリルに変更される可能性が高いとのことです。

こちらは新東名にて目撃された「V37スカイライン」と思われるテストカー。
ブラックのボディカラーなのか、結構コンパクトにも見えますね。

☆★☆インフィニティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう