【2台で1億円以上】グランテスタ金沢さんにて、ランボルギーニ「アヴェンタドールS」とフェラーリ「488ピスタ」のコラボがあまりにも異様だった件

~北陸は隠れとんでもオーナーが多数存在する?~

先日、北陸唯一のフェラーリ正規ディーラであるグランテスタ金沢さんに訪問した際、明らかに普通ではない2台が店舗の目の前に駐車。
左側のライトブルーの個体がランボルギーニ「アヴェンタドールS」(アヴェンタドールLP700-4のフェイスリフトモデル)で、右側がフェラーリ「488GTB」ベースのスペチアーレモデルとなる「488ピスタ」となります(撮影させていただいたオーナー様には心より感謝申し上げます)。

スポンサーリンク

~この2台が並ぶだけで余裕で豪邸が建てられる~

左側の「アヴェンタドールS」(オーナー様はと富山県の方)は、車両本体価格が4,490万円と非常に高額でありながらも、ここにフルエアロキット並びにSV風の大型リヤウィング、ビッグ”S”ロゴステッカーをフロントフード・リヤフェンダーに貼付、足元には高価なフォージドBCホイールを装着した純正と社外パーツを融合させた豪華カスタム仕様となっています。
ちなみに、この個体に諸々のオプションや社外パーツ等のカスタム費用も含めると、総額6,000万円を超えているとのこと。

一方右側の「488ピスタ」は、販売台数は限定されていないものの、フェラーリのスペチアーレモデルということもあってその購入条件はかなり厳しく、この個体を所有する石川県のオーナー様も数多くのフェラーリモデル(もちろん複数のスペチアーレモデルも所有)を購入してきたからこそ、購入権を得られたとのこと。

恐らく北陸にて一番最初に納車された個体ではないかと思いますが、そのオーラは圧倒的で、フェラーリが情熱を注ぐレッド系のロッソ・コルサとシルバー&紺のトリプルストライプの組み合わせはグッドの一言。

おまけに足元のホイールはオプションにて選択可能なカーボンホイールとなっていますが、これはケーニグセグ等のようにオールカーボン仕上げではなく、スポークを含んだディスク面のみがカーボンにて仕上げられている構造だと思われますね。

ちなみにフェラーリの説明によれば、このカーボンホイールを装着することで、これまでのホイールに比べて40%もの軽量化に成功していると説明しています。
あとはホイールを装着するチタン製ボルトですが、これも1本あたり1万ぐらいだったと記憶していて、タイヤ4本に対して20本も使用されているため計20万円と超高額。

個人的に一番驚いたのはタイヤのへたり具合。
納車してそこまで日数は経過していないとのことですが、フロントタイヤが熱ダレによってかなりへたっていることが確認できました。
詳しくは確認できていませんが、もしかするとサーキットにて相当に負荷を与えた走りをしていたのかもしれません。

なお、この「488ピスタ」の総支払額も約5,000万円程ととんでもない価格帯となっていますが、中古車市場においては更に1,000万円上乗せされた6,000万円以上にて販売されているようで、改めてフェラーリ・スペチアーレモデルのプレミア価値というのは相当に高いんだなぁと思いました。

こういった希少なモデルを北陸で拝むことは中々できないと思われ、改めて今回はグランテスタ金沢さんに訪問して良かったと思った次第です。
ちなみに、これら2台だけ総額1.1億円以上となります。

☆★☆グランテスタ金沢関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう