【北海道では僅か1台のみ】オーナーの強い拘りとアイルトン・セナ愛が伝わるMSO仕立ての「マクラーレン・セナ」がロータス札幌にて特別公開

2019-06-25

~北海道では1台のみの「マクラーレン・セナ」が遂に一般公開!~

前回の記事にて、世界限定500台のみ販売されたマクラーレンのノンハイブリッド・アルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ(Mclaren Senna)」が北海道にて納車されたことをご紹介しましたが、このモデルが4月13日(土)にロータス札幌/モデナスポーツカーズにて特別公開されました。

北海道では、「マクラーレン・セナ」が納車されるのはこの1台だけとなり、車両本体価格は約1億円ながらも、ここにオーナー(佐藤元春 氏)の強い拘りによって実現したオプションが加味されると、更にとんでもない価格帯となりそうですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~オーナーの拘りで実現したMSO仕立てのコロラド・ゴールド~

ちなみに、今回この個体に塗装されたカラーはMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)部門によって仕上げられた何とも鮮やかなコロラド・ゴールド(Colorado Gold)とグリーンのアクセントで、このカラーにて納車された「マクラーレン・セナ」は僅か1台のみとなっています。

もちろん、ゴールドのボディパネル以外のブラックの部分はほとんどカーボンファイバにて仕上げられていて、これだけでも千万円ぐらいのオプションが発生しているのではないかと思われます。

ドアはルーフまでもがオープンするディヘラルドドアですね。
このドア開閉は「720S」や「ラ・フェラーリ」でも採用されています。

~インテリアはアイルトン・セナをイメージした究極のブラジルカラー~

インテリアもオーナーの強い拘りによって実現したグリーンのアルカンターラとイエローのカラードステッチ仕上げ。
更にはシートベルトもイエローとなり、ブルードアストラット等も全て細かいオプションによって仕上げられています。

~ヘッドレストにもアイルトン・セナの魂が~

なお、オーナーは相当なアイルトン・セナ好きと思われ、室内はブラジルカラーに施されているだけでなく、何とヘッドレストにはセナのヘルメットをイメージした刺繍が入るほど。
このオプションは、今のところ他の「マクラーレン・セナ」では刺繍されたことがなく、北海道にて納車された個体が世界初だと思われます。

via:https://f1-gate.com/

こちらが、アイルトン・セナが被っていたヘルメット。
カラーも忠実に再現された唯一無二の「マクラーレン・セナ」となります。

☆★☆「マクラーレン・セナ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう