【速報】レクサス初のミニバン「LM」が遂にワールドプレミア!その姿はまさにトップフラッグシップモデル、中国市場等での活躍が高まる一台

~待望のミニバンモデル「LM」が遂にワールドプレミア!~

本日4月16日(火)より開催された中国・上海モーターショー2019にて、レクサス初のラグジュアリーミニバンモデルで、5つ目のトップレンジモデル(「LS(Luxury Sedan)/LC(Lucury Coupe)/LX(Luxury Crossover)/LY(Luxury Yacht)」)となる「LM(Luxury MPV)」が遂に世界初公開されました。

前回の記事にて、最終予想レンダリングが公開されていたものをご紹介しましたが、その画像とほぼ同じようなデザインとして公開されていることから、もしかしたらリーク画像だったのかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~その姿はまさにレクサスのフラッグシップモデルにふさわしい一台、早速外観を見て行こう~

このモデルは、トヨタのミニバンモデル「アルファード/ヴェルファイア」(TNGA-Kプラットフォーム)をベースにした一台で、その車体サイズは「ハイエース」に匹敵するとも言われているほどに大柄になるとのこと(ディーラ情報より)。
ちなみに、今回公開されている新型「LM」のフロントデザインを見ていくと、「LX/LS」のようにそこまでゴツゴツした印象を与えるようなものではなく、どちらかというと非常に落ち着いたデザインで、ラグジュアリーミニバンとしてはかなり好印象を与える一台ではないかと思いますね。

そして最も気になるリヤデザインがこちら。
まさかのリヤテールは「UX」のシームレスタイプを大型化したものになりますね。
これはかなり思い切った感がありますが、リヤテールランプがどのように点滅(流れる?)のか気になるところ。
おまけにリヤスポイラー部分もかなりアグレッシブなデザインに仕上がっています。

ちなみに「UX」のリヤテールランプはこんな感じ。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
やはりスタイリングベースはトヨタ「アルファード」。
サイドのボディのクロームアクセントが何とも印象的で、センターピラーには、デュアルアローヘッドクロームと呼ばれる、レクサスを象徴する”L(ナイキ?)”を象ったデザインにすることで、高級感を演出しています。

ちなみに、ボディカラーは「ブラック」と「ホワイトパールクリスタルシャイン」の僅か2色しかラインナップされていないとのこと。

~インテリアはフラッグシップらしい超豪華仕様で、4席と7席をラインナップ~

インテリアはこんな感じ。
何だかとんでもない空間にいるかのようです。
「LM」では、水墨画をモチーフにした新開発の”銀水墨(シルバーインク)”と呼ばれるデザインを採用し、日本古来の独特の演出によって欧州メーカとの差別化を図ります。

そして、シート構成については4席タイプと7席タイプをラインナップ。
ビジネスや送迎等を目的とした方には4席タイプが最適だと思われ、フロントシートと完全にパーティションを設けることで、自分だけのプライベート空間を提供します(パーティションには26インチの大型ディスプレイ付)。
リクライニング角度も自在で、最適なリラクゼーションを可能とする低密度ウレタンフォームを採用しています。

その他には、クーラーボックスや傘収納スペース、タッチコントロールパネル付のセンターコンソールを備えていますし、シートヒータやシートクーラももちろん完備。
エアコンの温度調整も音声にて調整することが可能となっています。

一方で7席タイプについては、1列目2席、2列目3席、3列目3席のファミリースタイルとなり、特に3列目には高級バケットシートを提供しているそうです。

~まずは中国市場にて新たな客層を掴むことが目的になりそう~

このモデルは、レクサス初の高級ミニバンモデルとして、海外市場においても新たな客層を掴む一台となっており、特に中国市場では既にトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」が大きな人気を得ているため、それを上回るラグジュアリーで豪華な一台となることは間違いないと思います。
そして、「LM」は単なる交通移動手段として利用するのではなく、乗った人たち全てが満足し、「次も絶対に利用したい」と思わせるような日本の”おもてなし”を忘れない究極の一台としてリリースしていきます。

また、これは確定事項ではないものの、ディーラ情報によれば2020年以降には日本での販売準備も進めているとのこと。

~パワートレインはガソリンとハイブリッドの2種類~

なお、現時点で判明している情報としては、今回の新型「LM」では既に「LM300h/LM350」の2種類の商標登録が完了していることから、前者の「LM300h」は「IS300h/NX300h/RC300h/GS300h」と同じような排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータのハイブリッドエンジン(レギュラーガソリン)となり、後者の「LM350」は「IS350/RC350/GS350」と同じ排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジン(ハイオクガソリン)が搭載されます。

【Introducing the Lexus LM】

☆★☆レクサス・ミニバン関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:LEXUS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう