レクサス初のミニバン「LM」の気になるところ。運転席とセンターコンソールにアレが搭載されているのか調べてみよう【動画有】

~何かと後席に注目しがちな「LM」。気になる運転席周りはどうだ?~

本日4月16日より開催された上海モーターショー2019にて、中国・東南アジア市場をメインに販売することが決定しているレクサス初のミニバン「LM(Luxury MPV)」が世界初公開されましたが、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」をベースとしたTNGA-Kプラットフォームを採用し、その室内空間はエグゼクティブ・ラウンジ(Executive Lounge)の広々且つ豪華なインテリア仕様と、7人乗りのファミリー仕様がラインナップされます。

既に当ブログでも、室内(特に後席)の豪華な特徴については取り上げていますが、今回は運転席について焦点を当てていきたいと思います。

新型「LM」は、そのアグレッシブで豪華なエクステリアと、おもてなしを重要視したインテリアを多く取り上げていますが、運転席については全く取り上げられていませんでした。
個人的に気になるポイントとして、運転席とセンターコンソールには”アレ”が搭載されているのか?をチェックしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速「LM」の気になる運転席を周りを見ていこう~

新型「LM」に関するインテリア画像はそこまで多く公開されていませんが、今回この画像のみで気になるポイントをチェックしていきましょう。

~運転席周りはどうだ?~

まず、運転席側のダッシュボード廻りやインフォテイメントディスプレイ、そして加速度メータやスピードメータを見た感じでは、この辺りのデザインはトヨタ「アルファード」とほとんど同じですね。
特にセンターのインフォテイメントディスプレイとその両サイドにはアナログの速度メータと加速度メータが微かに見えるかと思いますが、ここはさすがに差別化してほしかったところ。

また、中央の大型ディスプレイやエアコン操作等のスイッチ・ダイヤル、そしてセンターシフトノブとパーキングスイッチ等の配列もほとんど「アルファード」と同じレイアウトになっています。
今回の差別化は、フロントシートというよりも、やはり後席で大きな差別化を図っているのかもしれませんね。

そして個人的に気になっていたステアリング後ろにあるパドルシフトですが、これは案の定と言いますか…ラグジュアリー志向の「LM」では搭載されていない感じですかね。スポーツ志向ではないので、当たり前っちゃ当たり前ですね。

~センターコンソール周りはどうだ?~

最後はセンターコンソール。
レクサスといえば、ナビゲーションディスプレイを操作する上で必ず装備されているリモートコントロールですが、さすがにこれは「LM」では装備されいるようですね。
見間違いでなれば、赤丸のところに”なぞる”タイプ(LS/RC/NX/LC/ES/UXでも採用)のリモートコントロールが装備され、更にその手前側にはドリンクホルダーがあるのではないかと思います。
ただ、今回の写真では確実にリモートコントロールが装備されていると言えるわけでもなく、もしかするとタッチパネルの可能性も無きにしも非ずかもしれません。

っというのも、今年8月以降にミドルサイズSUV「RX」がマイナーチェンジを果たす予定なのですが、その際に外観とインテリアが大きく変更されるそうで、その変更点にリモートコントロールが廃止され、ナビゲーションディスプレイが10センチほど手前に移動され、タッチパネル方式に変わるという情報が入っているので、この流れが「LM」にも採用される可能性があるかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【Introducing the Lexus LM】

☆★☆レクサス・ミニバン関連記事5選はコチラ!☆★☆

 

Reference:LEXUS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう