ホンダが「HR-V」ベースのオールエレクトリックモデル「X-NVコンセプト」を発表。加えて新型「オデッセイ・ハイブリッド」も?

~中国は積極的に電気自動車を投入していくようだ~

昨日4月16日より開催中の中国・上海モーターショー2019にて、ホンダの中国限定電気自動車モデル「X-NVコンセプト」をワールドプレミアしました。
このモデルは、Honda Motor China TechnologyとDongfeng Hondaが共同開発したものとなり、主要クロスオーバーモデル「HR-V」をベースにしながらも、「XR-V」に比べてフロント・リヤエンドのアップデートとしてエコを意味するブルーのアクセントを加味したクリーン且つアグレッシブな一台となっています。

スポンサーリンク

~パワートレインベースは「Everus VE-1」

今回はあくまでもコンセプトモデルのため、インテリアが見えないようにウィンドウがブラックアウトで隠されていますが、実際には組立ラインからロールオフする準備が進められているそうで、市販化に向けての準備は万端といったところ。

「X-NVコンセプト」は、中国専売モデルとなる「HR-V」ベースの「Everus VE-1」と同じパワートレインとなるHonda-GACの合弁企業によって開発された53.6kWhのバッテリと電気モータを搭載することで、システム総出力161hp/最大トルク280Nmを発揮します。

なお、中国にて販売されるホンダのラインナップからは、2025年までに20種類以上の電気自動車を中国市場へと投入する予定となっていて、さらに2020年からはプラグインハイブリッドモデルも積極的に投入していく予定となっています。
今回の上海モーターショー2019では出展されていませんが、广州ホンダは2019年4月末に、中国専売モデルとなる「オデッセイ・ハイブリッド」も投入する予定となっていて、ホンダのラインナップモデルも遂にガソリンオンリーのモデルを廃止にしていくものと考えられています。

☆★☆ホンダ関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう