見た目は新型「RAV4」の兄貴分。トヨタ・新型「ハイランダー」が世界初公開、ハイブリッドもラインアップし、よりパワーと磨きのある一台へ

~新型「ハイランダー」が遂に世界初公開!~

今週末よりいよいよ開催されるアメリカ・ニューヨークオートショー2019にて、トヨタの新型3列シータSUVモデル「ハイランダー(Highlander)」が発表されます。
今回発表される第4世代の新型「ハイランダー」では、トヨタ最新世代プラットフォームで「RAV4/カムリ/アヴァロン」にも採用されているTNGA-K(Toyota New Global Architecture)をベースにし、ガソリンモデルとハイブリッドの両方パワートレインに対応した一台となっています。

スポンサーリンク

~いかにも「RAV4」の兄貴分、3列SUVらしい圧倒的存在感~

さて、早速新型「ハイランダー」の外観をチェックしていきましょう。
パッと見はかなりアグレッシブなフロントフェイスを持ちますが、印象としては先日発表されたばかりの新型「RAV4」の兄貴分のような感じで、更に怒り顔にさせたような雰囲気。
リヤデザインにおいては、リヤテールランプが中央に向かって流れるフラットで切れ味のあるハウジングとなっていますね。

ちなみにコチラは新型「RAV4」のフロント・リヤフェイス。
いかにもコチラは控えめの弟分といった印象を受けますね。

~意外とありそうでな無かったフラットで低いスタイリング~

サイドから見たときのスタイリングはこんな感じ。
意外にもコンモリとしたスタイリングではなく、しかしクーペのような流線形を描くルーフラインではなくフラットに仕上げられています。
「ランドクルーザー/ハリアー/RAV4」とは異なるちょっと新しいスタイリングとなりますが、これはこれで新しいカテゴリに分類される一台なのかもしれません。

~パワートレインはガソリンとハイブリッドの2種類~

気になるパワートレインについてですが、大きくガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類をラインナップ。

一つ目は、排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力295hp/最大トルク357Nmを発揮。パフォーマンスとしては、最大2,268kgまでのけん引力を発揮するとのこと。

二つ目は、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを搭載したハイブリッドエンジンを採用し、システム総出力240hpを発揮します。
なおこのモデルでは、四輪駆動だけに留まらず前輪駆動(FF)もラインナップするとのことえ、リーズナブルな価格帯にて購入することが可能となります。

~シンプルなインテリアながらも意外に豪華~

インテリアはこんな感じ。
全体的には非常にシンプルながらも、スイッチ類は基本的にはナビ下に集約したような印象を受けますね。
ちなみに、インフォテイメントディスプレイは12.3インチと非常に大型で、マルチメディアシステムとしてはトヨタ史上最大のサイズとなります。

シートは少しカタメの本革を採用していて、おそらくグレードによって異なるとは思いますが、シートヒータやシートベンチレーションも装備されています。

その他には安全装備としてアクティブ・セーフティ・スイートやトヨタ・セーフティ・センスPを標準装備し、TSS-Pスイート(ステアリングアシスト付車線逸脱警告/フルスピードアダプティブクルーズコントロール/自動緊急ブレーキ付前方衝突警告/歩行者検知システム)といった豪華な安全システムも装備されています。

グレードとしては、ガソリンモデルが5種類(L/LE/XLE/Limited/Platinum)とハイブリッドモデルが4種類(LE/XLE/Limited/Platinum)をラインナップ。
価格帯については明らかにされていませんが、ガソリンモデルは2019年12月より販売スタートし、ハイブリッドは2020年2月より販売スタートとなります。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう