内容はもちろん不正検査。スズキ「ワゴンR/ハスラー/アルト/スペーシア/ジムニー/イグニス/スイフト」等の全17車種・計約177万台に大規模リコール

~日産に引き続きスズキまでも不正検査にてリコール~

スズキの主要モデル「ワゴンR/ハスラー/アルト/ジムニー/スイフト」等を含む17車種・計1,769,331台を国土交通省にリコールを届けていたことがわかりました。
以前から大きく騒がせている内容の通り、リコールの内容は、任命されていない検査員(検査補助者)が合否判定を行う等、完成検査工程における合否判定が不明確であったために道路運送車両の保安基準に関する検査が適切に行われていなかった可能性があるとして、リコールを発令しています。

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通りとなっていますが、対象モデルと台数が相当に多いのでしっかりとチェックしておきましょう。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[ワゴンR]
・DBA-MH34S/MH34S-411145~MH34S-962945/平成27年5月6日~平成28年12月13日/34,482台
・DAA-MH44S/MH44S-135714~MH44S-805261/平成27年5月6日~平成28年12月12日/24,772台
・DBA-MH35S/MH35S-100026~MH35S-672856/平成29年1月25日~平成31年2月1日/31,490台
・DAA-MH55S/MH55S-100065~MH55S-912533/平成29年1月27日~平成31年2月1日/196,128台

[ハスラー]
・DBA-MR31S/MR31S-103554~MR31S-848024/平成27年5月6日~平成31年2月1日/18,951台
・DAA-MR41S/MR41S-100158~MR41S-642301/平成27年5月6日~平成31年2月1日/187,924台

[アルト]
・DBA-HA36S/HA36S-102167~HA36S-910956/平成27年5月6日~平成31年2月1日/162,510台
・HBD-HA36V/HA36V-115690~HA36V-139674/平成28年5月9日~平成31年2月1日/16,031台

[アルト・ラパン]
・DBA-HE22S/HE22S-445383~HE22S-891529/平成27年5月9日~平成27年5月14日/7台
・DBA-HE33S/HE33S-100099~HE33S-218771/平成27年5月20日~平成31年2月1日/85,116台

[MRワゴン]
・DBA-MF33S/MF33S-241626~MF33S-658128/平成27年5月6日~平成27年12月23日/161台

[スペーシア]
・DAA-MK42S/MK42S-100027~MK42S-822101/平成27年5月6日~平成29年11月23日/157,251台
・DAA-MK53S/MK53S-100062~MK53S-856605/平成29年11月27日~平成31年2月1日/179,441台

[キャリイ]
・EBD-DA16T/DA16T-284261~DA16T-459024/平成28年5月6日~平成31年2月1日/103,010台

[エブリイ]
・HBD-DA17V/DA17V-180725~DA17V-373134/平成28年5月6日~平成31年2月1日/132,446台
・EBD-DA17V/DA17V-809972~DA17V-834923/平成28年5月6日~平成31年2月1日/15,634台
・ABA-DA17W/DA17W-104510~DA17W-170463/平成27年5月6日~平成31年2月1日/47,668台

[ジムニー]
・ABA-JB23W/JB23W-741129~JB23W-782034/平成27年5月8日~平成30年2月20日/29,850台
・3BA-JB64W/JB64W-100092~JB64W-117815/平成30年5月11日~平成31年2月1日/17,547台
・ABA-JB43W/JB43W-581117~JB43W-584701/平成27年5月8日~平成30年2月22日/2,557台
・3BA-JB74W/JB74W-100036~JB74W-105819/平成30年6月1日~平成31年2月1日/5,694台

[ソリオ]
・DBA-MA15S/MA15S-268953~MA15S-823315/平成27年5月7日~平成27年7月31日/49台
・DBA-MA26S/MA26S-100028~MA26S-253802/平成27年7月27日~平成31年2月1日/16,485台
・DAA-MA36S/MA36S-100062~MA36S-761954/平成27年7月29日~平成31年2月1日/106,039台
・DAA-MA46S/MA46S-100056~MA46S-751631/平成28年11月1日~平成31年2月1日/13,857台

[クロスビー]
・DAA-MN71S/MN71S-100140~MN71S-136760/平成29年11月20日~平成31年2月1日/36,340台

[イグニス]
・DAA-FF21S/FF21S-100119~FF21S-142411/平成28年1月8日~平成31年2月1日/37,284台

[スイフト]
・DBA-ZC72S/ZC72S-357038~ZC72S-380029/平成27年5月6日~平成28年10月24日/8,096台
・DBA-ZD72S/ZD72S-309277~ZD72S-313634/平成27年5月7日~平成28年10月24日/1,254台
・CBA-ZC32S/ZC32S-309795~ZC32S-313664/平成27年5月7日~平成28年10月24日/1,544台
・DAA-ZC53S/ZC53S-100046~ZC53S-116088/平成28年12月20日~平成31年2月1日/15,935台
・DAA-ZD53S/ZD53S-100029~ZD53S-104644/平成28年12月20日~平成31年2月1日/4,579台
・DBA-ZC83S/ZC83S-100029~ZC83S-129659/平成28年12月21日~平成31年2月1日/29,152台
・DBA-ZD83S/ZD83S-100008~ZD83S-104929/平成28年12月22日~平成31年2月1日/4,826台
・DBA-ZC13S/ZC13S-100035~ZC13S-106281/平成28年12月20日~平成31年2月1日/6,216台
・DAA-ZC43S/ZC43S-100071~ZC43S-101547/平成29年6月8日~平成31年1月31日/1,464台
・CBA-ZC33S/ZC33S-100043~ZC33S-119112/平成29年8月9日~平成31年2月1日/18,979台

[バレーノ]
・DBA-WB32S/MA3EWB32S00104288~MA3EWB32S00582770/平成28年2月22日~平成31年2月1日/4,551台
・CBA-WB42S/MA3EWB42S00127008~MA3EWB42S00584517/平成28年2月29日~平成31年2月1日/2,612台

[SX4]
・DBA-YA22S/TSMJYA22S00195410~TSMJYA22S00656482/平成27年5月12日~平成31年1月19日/1,303台
・DBA-YB22S/TSMJYB22S00221047~TSMJYB22S00656535/平成27年7月17日~平成31年1月22日/2,061台

[エスクード]
・CBA-TDA4W/TDA4W-290992~TDA4W-292326/平成27年5月8日~平成29年8月8日/622台
・DBA-YD21S/TSMLYD21S00128124~TSMLYD21S00291919/平成27年9月23日~平成29年3月2日/424台
・DBA-YE21S/TSMLYE21S00128121~TSMLYE21S00429799/平成27年9月23日~平成30年3月27日/4,019台
・CBA-YEA1S/TSMLYEA1S00357870~TSMLYEA1S00516542/平成29年7月3日~平成30年11月23日/2,736台
・4BA-YEA1S/TSMLYEA1S00609394~TSMLYEA1S00620732/平成30年11月29日~平成31年2月1日/225台

[キザシ]
・CBA-RE91S/RE91S-111620~RE91S-111672/平成27年6月5日~平成27年12月12日/5台
・CBA-RF91S/RF91S-110766~RF91S-110778/平成27年11月12日~平成27年12月11日/4台

改善措置としては、全車両、指定整備工場において点検および自動車検査員による確認を行い、道路運送車両の保安基準に関する不具合が認められた場合は是正する流れとなります。なお認証工場において点検(保安基準に関する不具合が認められた場合は是正)を行った場合は、暫定措置となります。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

アウディがリコール2連発。「A3/A6/A7/A8/S3/S4/S5/Q7」にヘッドレストや燃料パイプに不具合アリ(2019/4/17投稿)
スバル「レガシィ」に3万台超えの大量リコール。コンビメータの回路が不適切で火災発生の恐れ→既に14件の火災発生済み(2019/4/12投稿)
ダイハツ「ムーヴ/タント/ウェイク/ハイゼット・キャディー」に145万台超えの大量リコール。ブレーキブースタに錆びが発生し、ブレーキの効きが悪くなる恐れアリ(2019/4/12投稿)
なぜ今さら?日産「ノート」に75万台超えの大量リコール。コイルスプリングの形状不具合で折れる恐れアリ(2019/4/11投稿)
BMW「320d」に1.5万台超えの大量リコール。燃料ホースが錆びて燃料漏れの恐れアリ(2019/4/9投稿)
遂にトヨタが動いた!「アルファード」等のホワイトパール塗装剥がれを無償修理対応をすることを発表。早速対象モデルをチェックだ!(2019/4/7投稿)
マツダ「アクセラ」に5万台超えの大量リコール。ワイパーリレー不具合によりフロントワイパーが動作しない恐れアリ(2019/4/4投稿)
発表後半年経たず…BMWのフラッグシップSUV「X7」に早くもリコール。シート固定用のボルトが基準値通り締め付けられていない恐れアリ(2019/4/2投稿)
マクラーレン「P1/675LT/650S/570シリーズ/MP4-12」にリコール。タカタ製エアバッグに不具合アリ(2019/3/30投稿)
ポルシェ「カイエン/パナメーラ/ボクスター/ケイマン」にリコール2連発。ブレーキパッド摩耗の通知が表示されず事故の恐れ、更には燃料漏れで火災の恐れアリ(2019/3/29投稿)

Reference:SUZUKI

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう