【世界限定24台のみ】1959年ル・マンレースでの「DBR1」をモチーフにしたアストンマーティン「DBS 59」がいよいよ生産開始へ

~「DBR1」が1-2フィニッシュしてから59年の歳月を経て新たに生まれ変わる~

2018年11月にアストンマーティンから世界限定24台のみ販売することを発表した「DBS 59」ですが、このモデルがいよいよイギリス・Gaydonにあるグローバル製造センターにて生産開始することが明らかとなりました。

このモデルは、1959年にアストンマーティンの名手でもあるキャロル・シェルビー(Cadroll Shelby)選手とロイ・サルヴァドーリ(Roy Salvadori)選手、そしてモーリス・トランティニアン(Maurice Trintignant)選手とポール・フレール(Paul Frere)選手によってドライブされた「DBR1」が、ル・マン24時間耐久レースにて1-2フィニッシュを決めてから、59年が経過しての記念として「DBSスーパーレッジェーラ」をベースにした特別な一台となっています。

スポンサーリンク

~歴史を感じさせるデザインとブロンズ仕上げが最高のアクセントを加える~

「DBS 59」は、レーシンググリーンのボディカラーをメインとし、グロス仕上げとなるカーボンファイバルーフやブロンズ仕上げのディテールアクセント、見た目では全く区別が付けられないオーダーメイドのフロントグリル、そして21インチ鍛造Yスポークサテンホイールが装備されています。

その他においては、フロントフェンダーに個別でナンバー付けられたらラウンデルや、エアロブレード上にはブロンズ箔のインレイを装備した豪華な外観へと仕上げられています。

インテリアについては、1959年に「DBR1」にも使用されたオリジナル素材を細かく解析することで、その材質を見事に再現しています。

そしてコックピット周りを見ていくと、黒曜石とチェスナットタンのレザーを組み込んだサンバイザーへの特別な刺繍に加え、ブロンズ製パドルシフトも装備された何とも豪華な仕上がりとなっています。

なお、シートバックプレスリリースには、オリジナルのヘルメットやブルーのレーシングスーツ、キャロル・シェルビー選手のレーシンググローブ(レプリカ)もセットとなります。

パワートレインについてですが、「DBSスーパーレッジェーラ」と同じ排気量5.2L V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力725ps/最大トルク900Nmを発揮。トランスミッションは8速ATを搭載します。
直線のパフォーマンス性としては、0-100km/hの加速時間が3.4秒、最高時速は339km/hにまで到達します。

☆★☆「DBS」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう