普通に市販化してほしい。マツダ・新型「デミオ・セダン(Mazda2 Sedan)」が”マツダ教習車”として5月27日に発売スタートへ

~国内未導入の「デミオ(Mazda2)セダン」が教習車として販売へ~

マツダは、本日4月24日(水)より自動車教習生並びに指導員にとって操作しやすく、更には正しい運転技量の習得と安心・安全な運転ができることを目的とした、「デミオ(Mazda2)」ベースのセダンモデル・新型「マツダの教習車」を発表しました(プレスリリースはコチラ)。

このモデルは、5月27日より発売スタートするとのことで、これまで教習車として多く使用されてきた「アクセラ」からの置き換えとして、より操作性を高めたコンパクトセダンとして再導入されることとなります(個人的には、純粋にラインナップモデルとして市販化してほしいレベル)。

スポンサーリンク

~「アクセラ」の教習車には無い特別な装備が充実~

今回「マツダの教習車」に掲げられたコンセプトとしては、5ナンバー枠のコンパクト車両サイズであること(最小回転半径4.7m)と、車両感覚がつかみやすい視認性(低いボンネットと車両後方を覗き込みしやすい着座位置とベルトラインの高さ)、左右のアウターミラー間寸法からはみ出さない指導員用アウターミラーの設定等、「アクセラ」には無い特別な装備が充実。

その他にも、アクセルの操作性を高めるオルガン式アクセルペダルの採用や、男性から女性までが幅広く設定できるステアリグホイールのチルト&テレスコピック機構が標準装備されています。

気になるパワートレインについてですが、排気量1.5L 直列4気筒直噴ガソリンエンジンとなるSKYATCTIV-G 1.5の一択のみで、トランスミッションは6速MT/6速ATのいずれかから選択が可能となります。

~ボディカラーは充実した7種類をラインナップ。もちろんソウルレッドクリスタルメタリックも準備~

安全性においては、運転席と助手席に加えて、側面からの衝突時に乗員を保護するSRSエアバッグシステムとして、カーテン&フロントサイドを標準装備します。
更には、時速55km/h以上にて急ブレーキした際には、リヤハザードランプが高速点滅する、エマージェンシー・シグナル・システムも標準装備となっています。

なお、ボディカラーは以下の通り全7色がラインナップされます。

・エターナルブルーマイカ
・アークティックホワイト
・ソニックシルバーメタリック(2019年冬頃発売予定)
・ジェットブラックマイカ
・ソウルレッドクリスタルメタリック(有料色+54,000円)
・マシーングレープレミアムメタリック(有料色+43,200円)
・スノーフレイクホワイトパールマイカ(有料色+32,400円)

なお、気になる価格帯については、6速MTモデルが1,875,960円、6速ATモデルが1,942,920円にて販売されます。

☆★☆「デミオ(Mazda2)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Mazda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう