遂に殴り込み!「マクラーレン・セナ」vsポルシェ「911GT2RS」がドラッグレースバトル。勝つのは一体どっち?【動画有】

~遂に「マクラーレン・セナ」がドラッグレースの世界に殴り込み!~

現在のドラッグレースの世界において、純正でありながらもその圧倒的なパフォーマンスとトータルバランスの高さによってハイスペックモデルたちに圧勝してきたマクラーレン「720S」。
過去には、ニュルブルクリンク市販車最速であったポルシェ「911GT2RS」ともドラッグレースを繰り広げ、見事「720S」が勝利したわけですが、今回は何とマクラーレンの中でもトップクラスのスペックを誇るアルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」がドラッグレースに殴り込み。

ニュルブルクリンク市販車最速と、「720S」を圧倒するスペックを持つ「マクラーレン・セナ」がバトルを繰り広げると一体どのような結果となるのでしょうか?

スポンサーリンク

~早速各モデルのスペックを確認してみよう~

【ポルシェ「911GT2RS」】
エンジン:排気量3.8L 水平対向6気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:700ps/750Nm
0-100km/h加速時間:2.8秒
車体重量:1,545kg

【マクラーレン「マクラーレン・セナ」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:800ps/800Nm
0-100km/h加速時間:2.8秒
車体重量:1,198kg

ドラッグレースに登場する個体とボディカラーやオプション内容は異なりますが、とりあえず画像は参考までに。
今回ドラッグレースに登場するポルシェ「911GT2RS」は、パフォーマンスを高めるヴァイザッハ・パッケージを設定しています。
あらゆるポイントにカーボンファイバパーツを使用し、足元には軽量マグネシウムホイール、そしてインテリアにはロールケージを装着しています。

一方の「マクラーレン・セナ」は、「911GT2RS」に対して車体重量が350kg程軽く、それでいてパワーウェイトレシオ比も圧倒的に上。
数値だけを見ると「マクラーレン・セナ」が上ですが、実際の走りはどうでしょうか?

~やっぱり「マクラーレン・セナ」は速かった~

今回のドラッグレースは、停車状態からフルスロットルで加速していくローンチコントロール方式。
滑らかに加速していく2台ですが、その後の加速力ではやはり「マクラーレン・セナ」が一枚も二枚も上手であることがわかります。

気が付けば「911GT2RS」はここまで置き去りに。
もはや戦意喪失レベルの圧倒的な加速力ですが、やはりトータルバランス的に見るとマクラーレンのスポーツユニットはずば抜けたものがあるのかもしれません。

そうなってくると、今度は「720S」とのドラッグレースバトルを見てみたいわけですが、マクラーレンのトップに君臨する「マクラーレン・セナ」は絶対に負けられませんし、一方でドラッグレースではほぼ負けなしという「720S」もその座を譲りたくない想いがあると思うので、その2台が交錯する思いの中でのドラッグレースを是非とも見てみたいですね。

【Drag Race : McLaren Senna VS Porsche 911 GT2 RS】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう