ポルシェがアメ車に?!フロントにHEMI V8エンジンを搭載するクレイジーポルシェ「911」が製作中

~ポルシェがフロントエンジンでアメ車仕様…情報量が多すぎる~

ポルシェ「911」といえば、水平対向エンジンがリヤに搭載された後輪駆動(RR)モデルとして有名ですが、何とこのモデルを完全に分解し、リヤエンジンを取っ払ってフロントに水平対向→Dodge製HEMI V8エンジンを搭載したクレイジーモデル製造計画が進められていることが分かりました。
なお、このモデルはDanton Arts kustoms氏が独自で開発しているモデルで、ドイツ製ポルシェではなくアメリカ製ポルシェ(アメ車?)として新たに誕生させるとのこと。

スポンサーリンク

~プラットフォームはそのままに、できるものは全部交換?~

リヤはこんな感じ。
リヤエンジンは完全に取っ払った状態となり、シート等のインテリアも全てもぬけの殻状態となっていますね。
プラットフォームは特に変更されないものの、恐らくトランスミッション等は大きく変更されるものと思われます(駆動方式もRR→FR)。

なぜこういった勿体ないダイナミックな改造を行おうと思ったのかが物凄く気になりますが、今後製造の進捗も公開されるとのことなので、また分かり次第公開していきたいと思います。

~既にフロントマウントのレンダリングも公開済み~

ちなみにこちらは、過去にデジタルアーティストのYasidDesign氏が作成したフロントにスーチャーエンジンをマウントしたポルシェ「911」のレンダリング画像。

明らかに公道走行は不可能と思われる過激なスタイリングを持ち、リヤライトクラスターが目立つエキゾーストパイプや、巨大なリヤディフューザーがセットで装備され、レーシングカー並みの巨大リヤウィングも搭載。

車幅も更にワイド化されたオーバーフェンダーが装着され、フロントバンパーもかなり個性的に仕上げられていますね。

☆★☆ポルシェ・レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう