遂に決着!鈴鹿サーキットにて、ブガッティ「シロン」vsパガーニ「ゾンダZOZO」がドラッグレースバトル、一体どっちが勝った?【動画有】

~ブガッティ「シロン」vsパガーニ「ゾンダZOZO」夢のドラッグレースの結果は?!~

本日4月28日(日)、三重県・鈴鹿サーキットにて「スーパーカーフェスティバル~サウンドパフォーマーズ~」が開催されました。
このイベントでは、往年の名車から最新のハイパフォーマンスモデルまでの世界を代表するスーパーカーの迫力に触れることができるイベントになっていて、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェといったスーパースポーツモデルたち40台以上が集結し、搭乗体験やサウンドパフォーマンスを楽しめる贅沢なイベントになっています。

その中でも大きく注目されたのが、ZOZOTOWN 前澤友作CEOが立ち上げたスーパーカープロジェクトとのコラボ企画で、世界限定500台のみ販売されたブガッティ「シロン」とパガーニ・ワンオフモデル「ゾンダZOZO」のドラッグレースが行われました。
エンジン出力は約2倍程異なり、パワーの面でハンディを受けた「ゾンダZOZO」がどのような走りを見せてたのか、早速チェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~結果は意外にも呆気ないモノだった~

ちなみに、ブガッティ「シロン」は最高出力1,500ps、パガーニ「ゾンダZOZO」は最高出力760ps以上となっていますが、上の画像を見てもお分かりの通り、「ゾンダZOZO」がローンチコントロールに失敗してスリップしているように見えますね。
車体重量は約600kg程異なり、軽さが際立つ「ゾンダZOZO」が優勢にも思えましたが、やはり加速の立ち上がりでは1,600Nmの強烈なトルクを発揮する「シロン」が一回りも二回りも上だったのかもしれません。

【ブガッティ・シロン&パガーニ・ゾンダZOZO エンジンサウンドパフォーマンス】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう