フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の開発車両が遂に国内にてキャッチ。今秋の発売に向けていよいよ最終調整か?

~遂に国内でも次期「フィット4」の開発車両が目撃に~

以前、ホンダの4代目となるフルモデルチェンジ版の次期コンパクトモデル「フィット4(FIT4)」の開発車両がキャッチされていましたが、今回は遂に日本国内(宇都宮ナンバーであることからパワートレインのテストだと思われる)でも開発車両が登場(画像提供いただいたT様には、心より感謝申し上げます!)。

これまで海外では何度か目撃されてきた新型「フィット4」ですが、トップルーフにはルーフレールが装備されていたことから、そのほとんどがクロスオーバーモデルであったことがわかっていて、今後はハッチバックモデルの開発車両も海外含め日本国内でもテスト走行を行っていくのではないかと予想されていました。
その結果、今回日本国内にて目撃されている個体は、ハッチバックタイプの「フィット4」であることがわかりますね。

なお、上の画像は次期「フィット4」のリヤデザインとなりますが、カモフラージュでかなりわかりにくいものの、リヤテールランプは現行モデルの縦型から横型へと大胆に変更された新デザインを採用。
リヤウィンドウは大きく、後方視界も中々に良好そうですね。
また快適性だけでなく実用性の向上も図っていると思われます。

スポンサーリンク

~実は2台体勢でテスト走行を行っていた「フィット4」~

こちらはフロントデザイン。
少し画像がブレてはいるものの、大きなハウジングを設けたフロントヘッドライトや、特徴的ともいえるC字形状のシームレスLEDデイタイムランニング、そしてフロントエンドには2バーグリルと大きなエアダクトが設けられアグレッシブなデザインになることが予想されます。

ちなみに、開発車両は1台ではなく2台体勢にてテストを実施。
左側の開発車両のサイドガラスを見てみると、Aピラー下の三角窓が現行モデルよりも少し拡大されることで死角が少なくなるように工夫されていると思われます。

なお、今回の開発車両で新しく確認できたポイントとしては、リヤクォーターウィンドウ部分がカモフラージュされていないこと。
思いのほかガラスの面積が大きく、フロントだけでなくリヤの視界も相当に広くなりそうな気がしますね。

そしてこちらが、海外にて目撃されたクロスオーバータイプの次期「フィット4」の開発車両。
リヤクォーターガラスがカモフラージュされていることがわかりますね。

~エンジンはダウンサイジング化&低燃費~

気になるパワートレインですが、今回のフルモデルチェンジによりエンジンを更にダウンサイジング&コンパクトにした排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載し、新世代ハイブリッドシステムとなる”i-MMD”と呼ばれるデュアルハイブリッドを組合わせることが期待されています。

なお、ダウンサイジング化したからといって最高出力が低くなるわけではなく、現行のハイブリッドモデルにて発揮する137ps→145psへと若干高くなり、環境性能が向上するだけでなく、走行性能でも大きく向上してくることを考えると非常に大きな進化ではないかと思います。

気になる燃費については、現行の37.2km/L→45km/Lと更に向上し、燃料タンクの容量が現行同様に40Lになるのであれば、満タン法で1,800kmは走行できる計算になりますね。

これに加えてEVモデルもラインナップされる?との噂が浮上していて、航続可能距離が約300kmと、シボレー「ボルト」やテスラ「モデル3」よりスペックは低いものの、電気自動車特有のよりトルクフルな走りを実現できるかもしれません。

ちなみに、新型「フィット4」の国内販売時期は10月以降になっていて、既に一部詳細情報(安全装備やグレード等)は確認済みですが、これについては今後少しずつ公開していきたいと思います。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう