ダイハツ・新型「タント/タント・カスタム」最新情報追加!何と現行モデルは今後も併売、価格は?値引はいくら?気になるオプション等も

2019-05-20

~新型「タント/タント・カスタム」の変更ポイントをまとめてみた~

さて、以前より定期的に情報展開しているダイハツのフルモデルチェンジ版となる新型「タント/タント・カスタム」ですが、今回はこのモデルに関する変更概要と一部仕様やオプション、(概算ではありますが…)価格帯等を公開していきたいと思います。

以前は、暫定価格を公開するとお伝えしていましたが、やはりディーラの方からは、もう少し後にしてほしいとの依頼があったので、今回はザックリとした概算価格にてご紹介したいと思います(期待をさせてしまった申し訳ありません)。
また、お問い合わせの多かったオプションについてですが、これはまだ一部しか明らかにされていないので、とりあえず私が入手した情報のみ、以下の変更概要と絡めて公開したいと思います。

~新型「タント/タント・カスタム」では何が変更される?~

それではまず、最も問い合わせの多かった今回のフルモデルチェンジでの大きく変更されるポイントを以下にまとめたいと思います。

ミラクルオープンドアを核とした「圧倒的な使い勝手」

これは以前の記事でもご紹介した通り、運転席が後席まで540mmスライド移動することで、車内で運転席⇔後席へと移動を可能とする「運転席ロングスライドシート」と、リヤスライドドアが半ドア状態から全閉を可能とする「助手席イージークローザー」が標準採用されます。

そしてもう一つが、圧倒的な乗降り性を向上させる「ウェルカムオープン機能」「タッチ&ゴーロック機能」、そして「ラクスマシリーズ(高齢者/軽介護者向けオプション)」が設定されます。
特に「ウェルカムオープン機能」は、車から離れる際に電子カードキー(キーレス)にて事前にオープン予約をすることで、先ほどと同じように、両手がふさがった状態で車に近づいたとき、自動でスライドドアがオープンするという便利な機能となっています。
これは、軽自動車としては初めて採用される機能でもあるので、結構重宝するものかもしれません。

その他には、これまで2モーションにてシートを格納していたものをワンモーションにて可能とした「後席左右分割ワンモーション格納」や、広い室内空間を提供する「助手席フルフラット機能」も採用しています。

スポンサーリンク

進化した「次世代スマートアシスト」の新機能

新型モデルでは、現在の安全装備(スマートアシストⅢ)に加えて、更に8つの安全装備が追加された「次世代スマートアシスト」が設定されます。
標準装備されるものもありますが、中にはグレードによってメーカオプション扱いとなるものもあるのでご注意を!

【新型「タント/タント・カスタム」安全装備一覧】
[標準装備]
・衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム
・【NEW】車線逸脱抑制制御機能:ステアリング操作をアシスト
・【NEW】ADB(アダプティブドライビングビーム)
・【NEW】標識認識機能(進入禁止)
・【NEW】ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)

[メーカオプション]
【NEW】全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)[ターボX/カスタムRSのみ設定可能]
・【NEW】LKC(レーンキープコントロール)[ターボX/カスタムRSのみ設定可能]
【NEW】スマートパノラマパーキングアシスト[全グレード設定可能]
・【NEW】サイドビューランプ[全グレード設定可能]

時代に対応した”つながる”技術「ダイハツコネクト」

新型「タント/タント・カスタム」では、スマートフォンとオーディオディスプレイ(ダイハツ推奨の9インチ or 6.2インチナビを設定する必要有)を接続することで実現可能な「ダイハツコネクト」が新しく採用されます。

このサービスでは、ダイハツが新たに提供するスマホアプリと連携することで、車両情報やリコール・サービスキャンペーン、位置情報、SOSサービス、そしてダイハツWi-Fiと呼ばれるものが全てパッケージングされています。
特にダイハツWi-Fiは、ダイハツ指定のポケットWi-Fiを契約することで、車内にて1GB/月の無料接続が可能となります。

これについては、まだダイハツディーラでも把握しきれていないところでもあるので、今後少しずつ明らかになり次第、情報展開していきたいと思います。

DNGA新プラットフォームの採用、エンジンやトランスミッションも一新

新型モデルでは、DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用していますが、実質現行モデルと比較して全長3,395mm×全幅1,475mmは一切変化しておらず、全高が2WDで1,755mm、4WDで1,775mmと若干変化したぐらいとなります(その代り重心は低くなり走行性能は高くなっているとのこと)。
車体重量については、現行モデルよりも(グレードによって)30~40kg程軽量化されています。

そして、新型モデルではプラットフォームに続いてエンジンとトランスミッションも大きく進化。
型式は全く変わらないものの、エンジン・トランスミッション共にボルト以外は全て新しく変更されているとのことで、変速比の変更によって現行モデルよりもエンジンレスポンスは大幅に向上、加速性能並びに走りも格段にアップしているようです(実際にセールスさんは試乗済み。試乗感想も後日記事としてアップする予定)。

但し、走りやエンジンなどの質を向上させたことの代償として、燃費が悪化してしまったのも事実のようです。グレード別の燃費一覧を以下にまとめていますのでご参考までに。
注)今回の新型では、ハイブリッドエンジンは採用されていないのでご注意を。

【新型「タント/タントカスタム」グレード別燃費(JC08モード/WLTCモード)
[タント2WD]
・エントリーグレード”L”(スマートアシスト非装着):27.2km/L / 21.2km/L
・エントリーグレード”L”:27.2km/L / 21.2km/L
・中間グレード”X”:27.2km/L / 21.2km/L
・上位グレード”ターボX”:25.2km/L / 20.0km/L

[タント4WD]
・エントリーグレード”L”(スマートアシスト非装着):25.4km/L / 20.4km/L
・エントリーグレード”L”:25.4km/L / 20.4km/L
・中間グレード”X”:25.4km/L / 20.4km/L
・上位グレード”ターボX”:23.8km/L / 18.8km/L

[タント・カスタム2WD]
・エントリーグレード”カスタムL”:27.2km/L / 21.2km/L
・中間グレード”カスタムX”:27.2km/L / 21.2km/L
・上位グレード”カスタムRS”:25.2km/L / 20.0km/L

[タント・カスタム4WD]
・エントリーグレード”カスタムL”:25.4km/L / 20.4km/L
・中間グレード”カスタムX”:25.4km/L / 20.4km/L
・上位グレード”カスタムRS”:23.8km/L / 18.8km/L

シートのデザインも変更へ

これは以前の記事でもご紹介しましたが、新型モデルの標準インテリアがライトグレーのファブリックシートを採用し、エアコンのフレーム周りにはライトグリーンが設定されます。
一方の新型「タント・カスタム」では、ブラックのファブリックシートを採用し、エアコンのフレーム周りにはダークブルーが設定されます。
シートのデザインや材質に不満がある場合は、ディーラオプションとして「ブラック/ブラック&ホワイト/ブラック&レッド」の本革調シートカバーが3種類ラインナップされます。

~新型「タント/タント・カスタム」の気になる価格帯は?~

新型モデルの価格帯についてですが、これはディーラの方からも止められていて正式な数字をお伝えすることができません(本当はお伝えしたかったのですが…)。
ざっくりとした概算のみをお伝えしますと、現行モデルよりも+10~15万円アップすることがわかっています。
しかも、ここからメーカオプションやディーラオプションを追加すると必然的に30~40万円アップするので、総支払額としては160万円~220万円(グレード別も含めて)になると予想されます。

あくまでも予想とする数値でもあるものの、結構現実的な数値でもあるので是非とも参考にしていただけたらと思います。

~新型「タント/タント・カスタム」はいつ発売するの?値引は?現行モデルは廃番にせずに併売へ~

これも重要なので再度の連絡となりますが、今回のフルモデルチェンジにて、4代目を迎える新型「タント/タント・カスタム」は、発表・発売は2019年7月9日(火)、先行予約は2019年5月20日(月)からとなっています。

加えて、3代目の現行モデルについては、新型が発売しても併売されることが決まっています。
実を言うと、3代目の特別仕様車”VS”では、新型ではメーカオプション扱いとなるものがほとんど標準装備されていて、おまけに値引は20~30万円以上されるので、新型で220~230万円するものが、特別仕様車では180~190万円で購入できるので、後者の方が断然にお得ということになります。

なお、この新型を検討されている方に必ずお伝えしたいこととして、正直値引は全く期待できません。新型「タント/タント・カスタム」の値引きは、5月20日からの先行予約時点で約2~3万円程とかなり強気です。新型も売る気満々ですが、在庫処分も絡めて現行モデルも一気に売り込んでいくでしょう。

これは、新型を検討している方へのサブ候補となるように、魅力たっぷりの特別仕様車”VS”(もちろんそれ以外の現行も大幅に値引きされる)を販売していく手法を持っているようなので、デザイン性と安全装備の充実化、現行モデルにはない上記の追加装備を重要視している新型を検討している方にはうってつけだと思います。

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」まとめ記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう