【2台で6億円超え】元F1ドライバのデビッド・クルサード氏がアストンマーティン「ヴァルキリー」とメルセデスベンツ「AMG One」をオーダーしていたことが判明。もちろん、アノ人もオーダー済み

~やっぱりF1ドライバのコネクションはとんでもなく強い~

イギリスのスコットランド南西部トゥインホルム出身の元F1ドライバであるデビッド・マーシャル・クルサード氏が、世界限定150台のみ販売された究極のハイブリッドハイパーカー・アストンマーティン「ヴァルキリー(Valkyrie)」と、世界限定275台のみ販売されたF1技術採用のメルセデスベンツ・プラグインハイブリッドハイパーカー「AMG One」の両方をオーダーしていたことが明らかとなりました。

この情報は、自動車ニュースサイト・グッドウッドロード&レーシング(Goodwood Road and Racing)とのインタビューにて判明したもので、メルセデスベンツとレッドブルレーシングとの親密な関係性を築けていたからこそ生産枠を確保することができた、と説明しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~気になる2台のスペックを確認してみよう~

アストンマーティン「ヴァルキリー」

ちなみに、アストンマーティン「ヴァルキリー」のパワートレインは、排気量6.5L コスワース製V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力1,013ps/最大トルク740Nmを発揮し、ここにRimac製の電池式電気システムを組合わせることで更にシステム出力+162ps/システムトルク280Nmを加味することになります。

従ってシステム総出力は1175ps/システム総トルク900Nmを発揮するというアストンマーティンとしてはトップクラスのパワーを誇る一台となります。
また、エンジンの回転数も最大11,100rpmまで回すことができ、10,500rpmにてピーク出力を作りだすことが可能と言われています。
なお、「ヴァルキリー」の車両本体価格は約3.6億円からとなっており、最初のオーナーへの納車は2019年末を予定していますが、多少遅れる可能性があるとして、もしかすると2020年最初になる?との噂もあります。

メルセデスベンツ「AMG One」

一方のメルセデスベンツ「AMG One」のパワートレインは、排気量1.6L V型6気筒ターボチャージャーエンジン+電気モータを搭載したPHV(プラグインハイブリッド)を採用し、システム総出力は1,000ps超えとなっています。
オールEVだけでの走行であれば、フル充電の状態から約25km走行可能で(ガソリンの走行距離分はもちろん別)、これだけのハイパワーな出力を得ながらも20km超えのシステムを搭載するのはかなりの技術であると称賛されています。

パフォーマンスとしては、0-200km/hの加速時間が6秒以下で、最高時速は350km/h以上となっていますが、この辺りについては正式な市販モデルが登場した際に多少の変更があるかもしれません。
価格帯としては約3億円からの販売となっていますが、もちろん即完売しています。

~実はこれら2台をオーダーしている日本人オーナーも…~

これらのモデルを合計すると総額約6.5億円以上となりますが、よくよく考えてみるとこれら2つのモデルに加えて、ケーニグセグ「レゲーラ」(約3億円)も購入した日本人オーナーがZOZOTOWNの前澤友作CEO。
納車時期についてはまだまだ先だとは思いますが、現在彼が立ち上げているスーパーカープロジェクトでも恐らく登場すると思われ、何かしらのイベントにて直接拝見することができるかもしれませんね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう