マンハート(Manhart)がBMW・新型「Z4」専用チューニングパッケージのレンダリングを公開。マットな色合いとゴールドアクセントでステルス戦闘機風に

~早くも新型「Z4」のカスタムレンダリングを公開~

トヨタとの共同開発によって誕生したBMWの新型オープンモデル「Z4」。
このモデルを、ドイツのチューニングメーカでお馴染みマンハート(MANHART)が、早くも専用チューニングパッケージをセットしたオリジナルレンダリングを公開しました。

スポンサーリンク

~マンハートの得意とするレッドのアクセントが決め手~

恐らく今後市販化されるであろうチューニングパッケージをイメージデザインしたものだと思いますが、過去これまでマンハートがカスタムしてきた個体にマット系ボディカラーにゴールドのオフセットレーシングストライプと、フォード「シェルビーマスタング」にも見えられるサイドストライプを加えた、ステルスチックながらも定番のある一台に仕上げることは間違いなさそうです。

ただ、これまでのデザインと大きく異なるポイントとしては、サイドストライプが後輪に向かって上向きに曲がり、スイープサーフィンラインを辿ったラインになっていることでしょうか。
そのカーブしたサーフラインは、新型「Z4」の特徴あるデザインでもあるため、純正本来のデザインをしっかりと取り入れるところはグッド。

それ以外においても、フロント・リヤバンパーにもゴールドのアクセントが入り、特にダクト周りにそれが追加されることで、よりインパクトが強くなっているように感じます。

その他には、フロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザーといったエアロキットが装着され、リヤマフラも過激な両サイド2本だしとなるクワッドエキゾーストシステムを採用。
足元には大口径の鍛造アルミホイールが装着されているとのことですが、具体的なインチサイズについては不明なままとなっています。
恐らく近日中に詳細が明らかになると思いますが、エンジンチューニングも施されるのか、チューニングパッケージの価格帯はいくらぐらいなのかも非常に気になるところです。

☆★☆マンハート(Manhart)関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう