フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」が、またまた日本国内にてキャッチ。今度はフロントヘッドライトやインテリアも確認できるぞ!

~日本でも新型「フィット」の目撃情報が多いようだ!~

既に海外(特にドイツ)では何度か目撃されている、ホンダの4代目となるフルモデルチェンジ版・次期コンパクトモデル「フィット4(FIT4)」の開発車両ですが、前回は日本国内の某所(宇都宮ナンバーであることからパワートレインのテストだと思われる)でも開発車両が登場。
そして今回も、日本国内の某所にて(多分全く同じ個体)開発車両が目撃されています。

今回目撃されている個体を見ていくと、全体的にカモフラージュは相当に分厚くなっていますが、ルーフレールが装備されていないことからハッチバックタイプ(もう一方はクロスオーバータイプ)だと思われ、くっきりとフロントヘッドライト部分を確認することができますね。
ヘッドライトは、かなり大型のLEDプロジェクタだと思われますが、その真下にはシームレスタイプのLEDデイタイムランニングライトが点灯していることが確認できます。

スポンサーリンク

~意外と確認できていなかったスタイリングやインテリアまでも~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
Aピラーからトップルーフにかけて傾斜はそこまで際どくなく、むしろ非常に滑らか。
フロントボンネット位置が相当に高いからなのか、フロントウィンドウが相当に大きくなっているからなのか、引き締まった感じのスタイリッシュなボディという印象には程遠い感じです。
おまけにトップルーフからリヤハッチにかけてのルーフラインも一気に下っていくような感じではなく、後席での快適性を考慮してフラットに近い設計になっていますね。

サイドミラーより前方にある三角窓は意外にも広めに設定されていて、前方だけでなくサイドの視界も結構良さそう。
反対に後席よりも更に後ろにあるリヤクォーターウィンドウは、これまでカモフラージュされていて確認できませんでしたが、今回はしっかりと剥がされていることが確認できますね。
足元のホイールは、何ともスポーティなブラックペイント処理された4穴式のアルミホイールを装着していますが、これはグレードによってホイールデザインが異なると思われます。

こちらはリヤデザイン。
カモフラージュされていてほとんど確認できませんが、リヤテールランプは縦型ではなく横型へと変更されいます。

そしてこちらが最も気になるインテリア。
ステアリングは3スポーク式で、シンプルに物理スイッチが散りばめられている印象を受けます。
メータ関係が表記されているインフォテイメントシステムは、オールデジタルのようにも見えますが、一体どのよなデザインになっているのか非常に気になるところ。
センターパネルにはナビゲーションディスプレイがセットアップされていますが、7~8インチぐらいが限界といったところでしょうか。もしかすると9インチ位の大型ディスプレイも搭載可能かもしれません。

気になるパワートレインや販売時期については、以下の関連記事でもご紹介していますので、是非ともチェックしていただけたらと思います。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう