【車両本体価格だけで約7,000万円!】世界限定63台のみ販売のランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ63」が関東にて遂に降臨!【動画有】

2019-05-03

~超限定モデル「アヴェンタドールSVJ63」が横浜に降臨!~

ランボルギーニ横浜店近くにて、ランボルギーニが世界限定900台のみ販売した究極のハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」を、更にエクストリームに仕上げた超限定モデル「アヴェンタドールSVJ63」が目撃されています(画像を提供頂いたF.L.M様には心より感謝申し上げます!)。

今回目撃されている「アヴェンタドールSVJ63(Aventador Super Veloce Jota)」ですが、その名にもある通りランボルギーニの創業年1963年にちなんだ数字とされていて、販売された台数も世界限定僅か63台と超希少。

通常の「アヴェンタドールSVJ」と大きく異なる点としては、画像を見てもお分かりの通り、フロントサイドウィングレットやAピラー~ルーフ、Cピラー、リヤエンジンフード、そしてリヤエンドといった様々なパーツ部分にドライカーボンを採用したメリハリの強い強烈な一台となっています。
【追記】詳細は記載しませんが、このモデルは「アヴェンタドールSVJ」を”SVJ63風”にラッピング等を施した特別な一台であることが判明しています。5/3現在では、SVJ63の国内納車はされていないとのこと。

スポンサーリンク

~SVJ63は元々ボディカラー1色しか設定できなかった~

今回関東にて納車されている個体ですが、ボディカラーはブルーとパープルの中間色のような特別な色合いで、恐らくランボルギーニの特別オーダーメイドとなるアド・ペルソナムプログラムが適用された高額カラーだと推測されます。

このモデルをオーダーした(厳密には抽選にて当選した)知人からの情報によると、「アヴェンタドールSVJ63」が発表された当初は、上の画像のようなホワイトカラーしか選択できないと言われていたものの、結局のところはどんな色でも設定可能になったようです(イタリアメーカらしい考え)。

恐らく最上位顧客の要望(クレーム?)によって方針が覆ったのでしょうね。
世界限定3台のみ販売された「ヴェネーノ・クーペ」も、当初はボディカラーが1色しか決まっていませんでしたが、購入権を得たオーナーが違う色で無理やりオーダーしたという噂話があるほどなので…

少し話は脱線してしまいましたが、今回納車された個体のカラーを改めて見ていくと、SVJ63専用のゴールドのアクセントカラーも追加されています。
こちらのカラーも、当初はゴールドのみといわれていましたが、今となっては何色でも設定が可能ですし、同色素地でもオーダー可能とのことです(その分オーダーの幅が広がるので尚の事オプションで悩みそうですが…)。

足元には、フロント20インチ・リヤ21インチの異径Y字スポーク鍛造ホイールにマットゴールド仕上げ。ブラックのキャリパーカバーはシンプルながらもスポーティでグッド。

インテリアもこれまたすんごい設定になっていますね。
基本的にはブラックを基調としながらも、ボディカラーと共通のブルーパープル系のストライプが加わり、縁にはホワイトのアクセントを追加。
こうしたシート縁のアクセントというのは「ラ・フェラーリ」でも設定可能ですが、「アヴェンタドールSVJ63」も「ラ・フェラーリ」と同じ扱いを受ける程のスペシャリティな一台ということなのでしょうね。

~気になる「アヴェンタドールSVJ63」の価格帯は?~

ちなみに最も気になるであろう「アヴェンタドールSVJ63」の価格帯ですが、知人より特別に提供いただいた見積もりを以下にて公開していますので参考にしていただけると幸いです。
車両本体価格だけで69,590,303円(約7,000万円)となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【2019.4.27 土曜日の大黒PAに集まるスーパーカーを撮影!daikoku ps supercar !】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう