新たに納車された「マクラーレン・セナ」2連発。強烈なオレンジカラーやリヤウィングにオランダ国旗ペイントしたモデルも

~これまでにない組合わせのカラーとフランス国旗という超特殊仕様~

日本でも続々と納車されているマクラーレンが世界限定500台のみ販売したノンハイブリッドモデルで、アルティメットシリーズの「マクラーレン・セナ」。
つい先日、オランダの高級住宅街NVT(Niet Van Toepassing)にて、その内の1台が納車された模様。
今回「マクラーレン・セナ」が納車されたオーナーさんですが、既にスーパーシリーズ「720S」も納車済みとなっていますが、いずれの個体も強烈なボディカラーに身を纏った個性的な一台となっていますね。

特に「マクラーレン・セナ」の方は、ブラックを基調としたボディカラーに、ルーフスクープやサイドスカート、フロントフェンダーダクト、リヤウィングの内側等の変わったところにオレンジのアクセントが追加されています。
しかも、リヤウィングのサイド部分にはオランダ国旗を意味するレッド・ホワイト・ブルーのトリコローレストライプがペイントされています。
このペイントだけでも数十万円以上はするでしょうね。

スポンサーリンク

~一転して意外とシンプルな一台~

続いては、フランス・パリにて目撃されたオレンジカラー(多分Azores?)の「マクラーレン・セナ」。
これまで登場してきた中でも、マクラーレンとしては非常にシンプルな色合いながら、足元のブレーキキャリパはブルーというスポーティなアクセントが何とも印象的。

よ~く見てみると、センターロックキャップもオレンジのアクセントが入っていて、全体的に統一感があり、”ごちゃごちゃしていない”感じが好印象。
オレンジ以外はカーボンブラックというのもストレートで良い雰囲気。
インテリアまでは確認できませんが、恐らくブラックを基調としながらもオレンジ(もしくはブルー?)のアクセントが入った一台ではないかと推測しています。

☆★☆「マクラーレン・セナ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOGESPOT①, AUTOGESPOT②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう