福井クラシックカーミーティング2019に行ってきた。超希少モデル多数、価格高騰中の「スカイライン」やフェラーリ、アルファロメオ等メインエリアよりも一般駐車場の方が圧倒的に盛り上がっていた件

~メインエリアよりも圧倒的な盛り上がりを見せた一般駐車場。一体何が展示されていた?~

昨日、5月5日(日)に福井県産業会館にて開催された福井クラシックカーミーティング2019に行ってきました。
幸い天候にも恵まれ、この日はゴールデンウィーク期間中1番の最高気温30度を記録する程でとても暑く、まさに展示日和。
来場者も非常に多く、子供から大人まで幅広い客層でしたが、やはりこういった車のイベントともなると駐車場にも奇抜なカスタム・改造を施す車やスポーツカー/スーパーカーが登場したりで大賑わいでしたね。

今回は番外編として、一般駐車場にて停められていたユーモアある車両達をピックアップしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速駐車されていた個体をみていこう~

ある意味福井クラシックカーミーティングの醍醐味でもある一般駐車場でのサブ展示。
クラシックカーはもちろん、現在価格高騰中の日産「スカイラインGT-R」やフェラーリ、ポルシェ、アルファロメオといった希少モデルも多数展示されていて、色んな意味でモーターショー状態。
無料で希少且つ大人気モデルを多数目撃できるというのは非常に贅沢なことですし、入口から出口までこのイベントを楽しめるのも良いのかもしれません。
早速、どういったモデルたちが登場したのかをチェックしていきましょう。

まずはマツダ「コスモスポーツ」2連発。
メイン展示でも大きく目立っていましたが、まさか一般駐車場でも目撃できるとは…コンディションも抜群でピッカピカ。
純粋に欲しいと思える一台です。

「コスモスポーツ」の隣にはジャガーの2ドアスポーツタイプ「F-TYPE(Fタイプ)」
中々目撃することの個体でもあるので、結構希少かもしれません。

こちらはホンダの新型「シビック・タイプR」
足周りもガッツリ弄ってる本気仕様ですが、エキゾーストサウンドも純正よりかなり勇ましいように感じられました。

これは珍しい。
三菱の高級自動車「デボネア」ですね。
今回目撃されている個体はブラックカラーですが、実は「デボネア」は法人需要が圧倒的に多かった関係から、ブラックを選択するユーザーがほとんど。
もしかするとこの個体も、元々は法人にて購入した一台なのかもしれませんね。

フェラーリも健在。
左のホワイトが「458スパイダー」、右のレッドが「F430スパイダー」で、いずれも福井のオーナー様でした。

おいおいマジかよ…アルファロメオ「ディスコ・ヴォランテ」も登場です。

「ディスコ・ヴォランテ」は、イタリア語で”空飛ぶ円盤”を意味するのですが、そのスタイリングはまさに円盤そのもの。

サイドから見るとそのスタイリングは圧倒的に常軌を逸していることがわかります。

これもかなり珍しいモーガン「プラス4」

ポルシェ勢も大人気。
特にイエローの「914」はパッと見ではポルシェに見えないものの、このモデルの中でも一番の注目度を浴びていましたね。
※何とこの日は、世界限定1,000台のみとなる「911GT2RS(ヴァイザッハパッケージ付)」も登場していたようです。

今回クラシックカーの主役と言っても良いかもしれません。
日産「スカイラインGT-R/R34/R35」も勢揃い。
ハコスカGT-R/ケンメリGT-Rも登場してとにかく大盛況でした。

キャデラックやフォルクスワーゲンの珍車?も。

かなりマニアックなロータス「エリーゼ」

こちらも福井では珍しいマセラティ「ギブリ」
こちらのオーナーさん、以前大変お世話になったレッドカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」を取材させていただいた方でもあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これもまた珍しいシボレー「カマロRS」
ボディカラーもそうですが、そのロングすぎるスタイリングも大きな注目を受けていましたね。

☆★☆福井クラシックカーミーティング関連記事2選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう