積載中のBMW・新型「M3」の開発車両をキャッチ。カモフラージュは分厚めながらも腹下がはっきりとわかる状態に

~新型「M3」の開発車両が登場。気になる部分がほぼ丸見えに~

ドイツにて、BMWのハイパフォーマンスモデルとなる新型「M3」の開発車両が積載されているところが目撃されています。
今回目撃されている個体は、かなりカモフラージュが分厚めのため、細かいデザイン等は明らかにされていませんが、積載されていることもあって、アンダー部分を丸々確認することができる状態になっています。

スポンサーリンク

~アンダー部分はほぼ丸見え状態に~

ボディのアンダー部分はこんな感じ。
マフラのレイアウトは意外にもシンプルで、両サイド2本だしのクワッドエキゾーストシステムをインストールしていますね。

外観については、先述の通りカモフラージュが分厚めでキドニーグリルもブラックにて偽装されていますが、グリルに関しては新型「3シリーズ」に比べて少し大口化する可能性が高そうです。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
若干フロントノーズは長めで、フロント・リヤオーバーハングも少し突き出たような印象を受けますね。
足元のホイールは、ブラックペイント仕上げのデュアル5スポークホイール(この辺りはオプションによってデザインが大きく変更されそう)を装着し、ブレーキキャリパはブルー仕上げとなっています。

リヤデザインは、新型「3シリーズ」同様にL字型のアローヘッドテールランプを採用。
やはりこうしてみると、レクサス「RC」っぽく見えてしまうのがかなり気になるポイントでもありますね。

パワートレインについては、これまで通り排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載することが予想され、最高出力480hp以上を発揮すると思われます。
なお、このモデルは今年9月のフランクフルトモーターショー2019にて世界初公開される予定で、2019年後半~2020年前半には欧州を中心に販売スタートする予定となっています。

☆★☆「M3/M5」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう