「600LT」など話にならん!「マクラーレン・セナ」がまたもやドラッグレースバトルに殴り込みで圧勝【動画有】

~「マクラーレン・セナ」の次なる餌食は誰だ?~

以前、ニュルブルクリンクサーキットにて市販車最速記録を更新したポルシェ「911GT2RS」に対し、マクラーレンのアルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」がドラッグレースにて圧勝するという記事をご紹介しましたが、今回は同じマクラーレンのエントリーロングテールモデル「600LT」とドラッグレースバトル。

「600LT」は、前回ドラッグレースの帝王でお馴染み「720S」とバトルするも完敗。今回更に上を行く「マクラーレン・セナ」とのバトルは絶望的ではありますが、「600LT」がどこまで引き離されることなく粘ることができるのかが注目のポイントとなっています。

☆★☆関連記事☆★☆

スポンサーリンク

~早速各モデルのスペックを確認してみよう~

【マクラーレン「600LT」】
エンジン:排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:600ps/620Nm
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量(パワーウェイトレシオ):1,247kg

【マクラーレン「マクラーレン・セナ」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:800ps/800Nm
0-100km/h加速時間:2.8秒
車体重量:1,198kg

※画像はフロントデザインがわかるように参考となるものを使用しています。

数字上のスペックだけを見ても、圧倒的なのはやはり「マクラーレン・セナ」。
車体重量は約50kg、パワーとトルクは200ps/180Nmも異なるので、このパワーウェイトレシオ比等の差で、どれだけの影響を与えるのかが気になるところですね。

~「マクラーレン・セナ」の速さはとにかく異常。「600LT」がまるで話にならない~

レース方式は、完全停車状態(3,000回転まで回した状態)からフルスロットルで加速していくローンチコントロールでのドラッグレースバトル。
出だしの段階から、軽さとトルクの面で有利な「マクラーレン・セナ」がすぐに突出していることが確認できます。

その後の加速の伸び(いずれもDCTなので加速性能はほぼほぼ変わり無し)も圧倒的で、「マクラーレン・セナ」は5速へとシフト変換したてで、「600LT」は4速7,000回転を超えたぐらいになっていますね。
結果として「マクラーレン・セナ」が圧勝となりました。

こういった結果を見てしまうと、やはり一番気になるのは帝王「720S」とのドラッグレースだと思いますが、「911GT2RS」→「600LT」ときたら、流れ的にそろそろ来ても良いんじゃないなぁと思ったりしますね。

【Drag race : McLaren Senna VS 600 LT】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう