アストンマーティン「ヴァルキリー」を意識?ゴードン・マレー開発の超軽量ハイパーカー「T50」の価格帯は約3.4億円からにて販売へ

~「F1」の後継モデルは案の定とんでもない設定価格になっていた~

2017年10月、マクラーレン「F1」等のロードカーを設計してきた南アフリカの自動車デザイナーであるゴードン・マレー(72)氏が、自身の名前を用いた新たな自動車メーカ「ゴードン・マレー・オートモーティブ(IGMブランド)」を設立し、ブランニューモデルのコードネームが「T50」であることが以前発覚しましたが、このモデルの車両本体価格も判明しました。

スポンサーリンク

~情報はまだまだ不明ながらも、競合モデルや技術力もかなり強気~

「T50」は、マクラーレン「F1」の後継モデルとしてV12エンジン&マニュアルギアボックス(MT)を搭載した最上級のハイパースポーツモデルで、競合モデルにはアストンマーティン「ヴァルキリー」やメルセデスベンツ「AMG One」、そしてマクラーレン「スピードテール」が挙げられています。

生産台数については明らかにされていませんが、ほんの一握りのオーナーしか購入することができないとのことで、一番最初に製造されるモデルは早くとも2022年までに納車される予定となっています。
気になる価格帯ですが、オプションや諸経費等は含まない車両本体価格のみで約3.4億円からと、かなり強気な設定価格であることがわかっています。

以前同様、スペック等の詳細もはっきりとはしていませんが、車体重量は1,000kg以下になると予想され、公道仕様モデルだけでなくトラック仕様も登場するといわれていて、トラック仕様は更なる軽量化とパワーアップが施されると言われています。

☆★☆IGM関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう