オーナーは生粋のワイスピ好き。ヴェイルサイド仕様の「RX-7」と同じカラーに仕上げた「マクラーレン・セナ」が納車【動画有】

~いずれは登場すると期待していたワイスピ仕様の「マクラーレン・セナ」が遂に納車~

マクラーレンのアルティメットシリーズで、世界限定500台のみ販売されたノンハイブリッドモデル「マクラーレン・セナ(McLaren Senna)」。
既に様々なボディカラーの「マクラーレン・セナ」が納車されていて、ほぼ同じボディカラー(厳密には組合わせ?)としてカブることなく個性的な個体ばかりが登場していますが、遂に今回はあのワイルド・スピード(ワイスピ)にも登場した人気の個体と同じカラーにて仕上げられたセナが納車されています。

スポンサーリンク

~敢えて他とカブらないようにちょっとした工夫も施されている~

今回納車されている個体ですが、オーナーは生粋のワイスピ好きで、特にワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTにも登場したハンの愛車でもあるマツダ「RX-7 FD3S」のヴェイルサイド・エアロキット仕様が大好き。

ボディカラーとしては、オレンジとブラックの2トーンカラー仕上げとなっていますが、単純にこの組合わせになってしまうと、同じカラーにて再現するオーナーが登場するかもしれないとのことで、カーボンブラックの部分には敢えてダークグリーンの塗料を混ぜているという隠れたこだわりがあるそうです。
ワイスピ好きの方なら、パッと見た瞬間に「あっ、ハンのモデルと一緒だ」とわかってしまうぐらいに特徴的な色合いを持っていますね。

特にフロントボンネットのブラック(+ダークグリーン)の部分と、両サイドのオレンジの色合いはそのままと言ってもおかしくなく、むしろ「よくぞここまで仕上げてくれた!」といわんばかりの再現度だと思います。

ちなみにこちらが本物のヴェイルサイド仕様にカスタムされた「RX-7 FD3S」。
純正とは大きくかけ離れたデザインですが、ワイスピがきっかけでこのカスタムモデルの注目度が一気に高まったのは言うまでもありませんね。

画像は「マクラーレン・セナ」に戻りますが、細かく見ていくとその色合いはまさにハンの愛車そのもの。
サイドパネルのシースルーガラスとブラックのアクセントが見事にマッチしていますね。

残念ながら、足元のホイールは純正とは異なるセンターロック式のブラックペイント仕上げとなる鍛造アルミホイールを装着していますが性能は抜群。その代りとしてブレーキキャリパはボディカラーと同色のオレンジをチョイスしています。

リヤデザインもド派手ながら、ワイスピ熱が伝わってきますね。
この角度から見ると、カーボンブラックではなく薄らとグリーンっぽい色味が含まれていることがわかるかと思います。

マクラーレンのラインナップモデルたち。
手前から「マクラーレン・セナ/675LT/720S/570S」と並んでいますが、これら全て一人のオーナーの所有物となります。この他にもブルーのブガッティ「シロン」も所有。

【MF Autos Bugatti Chiron & McLaren Senna First Debut Together // 4K】

☆★☆「マクラーレン・セナ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう