溝にはまって放置され続けたランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」が遂に引き上げられる。所有者が放棄した今は誰のものに?【動画有】

~あのパープルの個体がようやく引き上げられた!~

今年3月、イギリス・ロンドン郊外のとある峠道にて、とても美しいパープルカラーのワンオフモデル・ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」が道路脇にてクラッシュ・放置されているのが発見されましたが、今の今まで放置され続け、つい先日ようやく引き上げられたとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~なぜ今のタイミング引き上げられた?~

ちなみに、この個体を所有していたオーナーは、Bitstocksというビットコイン関連企業のCEOであるマイケル・ハドソン氏で、彼の説明によれば「このウラカンは単なる車だし、別に事故しても気にならないよ」とそこまで影響はしていないようで、そのまま放置していても良かったとコメントしています。

「ウラカン・ペルフォルマンテ」の所有を完全に放棄された今、誰もこのモデルを引き上げることは無かったのですが(っというか誰も引き上げようとしなかったことに驚き)、今回引き上げられた理由としては、地元警察局からの厳重注意によるもので、マイケル・ハドソン氏が関与する業者が引き上げたとのこと。

今後、引き上げられた「ウラカン・ペルフォルマンテ」がどのように処理されるかは不明ですが、さすがに廃車処分されることは無く、おそらくオークション等に出品されるのではないかと思われます。

 

View this post on Instagram

 

Poor Lamborghini Huracan 😔 Follow @carpicseurope for more! 📷 Unknown

Daily Super & Exotic Cars 🚗👊さん(@carpicseurope)がシェアした投稿 –

☆★☆事故・関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう