BMW「i8ロードスター」がモナコE-PrixのフォーミュラE専用セーフティカーに抜擢。オープンモデルが採用されるのは世界初

~オープンコックピットとしては世界初となる「i8ロードスター」のセーフティカーが登場~

BMWのPHVオープンモデル「i8ロードスター」が、モナコにて開催されるフォーミュラEイベント「モナコE-Prix」にセーフティカーとして採用されたことが判明しました。
今回採用された「i8ロードスター」は、以前に採用された「i8クーペ」のセーフティカーをベースにしつつも、レーストラックでの使用に併せて大幅に変更され、更にはショート化されたフロントガラスとあらたなリヤウィングを装備したスポーティな外観を得ています。

また、過去これまでオープンコックピットモデルが使用されたセーフティカーというのは「i8ロードスター」が世界初で非常に珍しいとのことです。

スポンサーリンク

~従来モデルに比べて過激ながらも、かなり実用性を考慮した一台~

セーフティカー仕様として改良された「i8ロードスター」は、標準モデルと比較して最低地上高が15mmもローダウンされ、FIA認定のロールバーの装備、更には新デザインのフロントスプリッターやリヤウィングよりも上に位置するところにライトバーを装着することで、後方の視認性を高めています。

その他の変更点としては、通信アンテナとGPSアンテナの追加やリヤビューカメラを装備。
パワートレインは特に変更無しとなる排気量1.5L 直列3気筒直噴エンジン+電気モーターを加味することで、システム総出力は368hpを発揮します。

今回は「モナコE-Prix」のセーフティカーとして採用された「i8ロードスター」ですが、実は他のフォーミュライベントでもオファーを受けているとのことで、今後更に露出を高めてくる一台かもしれません。

☆★☆BMW「i8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう