これは一体?GT3系とはちょっと異なる謎のポルシェ・新型「911(992)」の開発車両がキャッチされる

~これは一体なに?特徴的だけどちょっと不思議な「911(992)」~

現在ポルシェがラインナップしている新型「911(992)カレラS/カレラ4S」ですが(但し日本での発表はまだ)、このモデルとはまた一風異なる謎の開発車両がキャッチされています。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、グリーン系のボディカラーに固定式のリヤウィングを装着しているものの、しかしながらGT3系とはまた違う落ち着いた印象を持つ一台で、フロントエンドは明らかに「911(992)」とは異なってダクトが3分割されていて「このモデルは一体なに?」と考えてしまう程。

スポンサーリンク

~フロントもそうだけど、リヤデザインも明らかに異なる~

リヤデザインを見てみるとわかりますが、通常の「911(992)」と比較するとリヤエキゾーストパイプは丸型のチップではなく台形に変更されていて、バンパーの形状からリヤナンバープレートの貼付位置(少し高い)まで異なっていることが確認できます。
なお、固定式のリヤウィングはリヤハッチよりも後方に配置され、しかしリヤバンパーとは独立したパーツとして装着されていることがわかりますね。

ちなみに上の左側が謎の開発車両となる新型「911(992)」で、右側が新型「911(992)カレラS」のリヤデザイン。
こうして比較してみると、その違いは明らかに異なっていることがわかります。

こちらはサイドから見たスタイリング。
何やらトップルーフにはサンルーフとは異なるボディカラーと同色素地のパネルがフラップ?するような形でアップしていますが、もしかするとガラスとだと重すぎることから、ボディパネルで軽量化を図り、サンルーフと同じ役割をは果たしているのかもしれませんね。

また足元にはゴールドカラーのシングルスポークホイールも確認でき、スポーティというよりもちょっと紳士的な足元にも見えるのが正直なところ(ブレーキもカーボンセラミックではなく鋳鉄製)。

以上より、これまで目撃されてきた次世代「911GT3/911ターボ」とは異なる風合いを持つことから、全く新しいグレードとして登場する一台なのか、もしくは新しいエアロパッケージを持つ一台になるのかは不明ですが、「911」のラインナップが更に複雑化していく可能性も十分にあり得そう。

☆★☆「911」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう