ランボルギーニ「ウルス(Urus)」のハイパフォーマンスモデルが現在開発中?2021年までに登場するとの噂

~「ウルス」のハイパフォーマンスモデルは早くとも2年以内、PHVモデルは2019年末を予定~

ランボルギーニのSSUVモデルとして販売中の「ウルス(Urus)」ですが、このモデルに関してMotor TrendのJonny Lieberman氏によると、「ハイパフォーマンス版のウルスが現在開発中だ!恐らく2年以内には登場するだろう」とインスタグラムにて説明しています。

残念ながら、これ以上の詳細に関する情報は何もないものの、現在ラインナップされている排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン(最高出力650ps/最大トルク850Nm)に加えて、以前より噂されているポルシェ「パナメーラS Eハイブリッド」のような電気モータを加味したハイブリッドモデルとして登場するかもしれないとのことで、最低でもシステム総出力700psを発揮する可能性が高そう。

スポンサーリンク

~ペルフォルマンテのよなエクストリーム且つレーシーなモデルへと変化する?~

ただ、ランボルギーニの最高技術責任者であるMaurizio Reggiani氏が以前にコメントした通り、2019年末~2020年初めに発売する予定のプラグインハイブリッドモデルもラインアップする予定ですが、恐らくJonny Lieberman氏が語っているモデルとはまた異なるものかもしれません。

なお、こうしたハイパワー且つハイパフォーマンスなモデルに仕上げるためには、より極太で大きなタイヤを装着し、それに合わせて大口化されたワイドフェンダーとデザインにマッチしたフロントエンドが期待されると思われます(先日ご紹介したマンソリー仕様よりもさすがに落ち着いてるとは思いますが…)。
その他にも、エンジン冷却用にダクトを多く設けたり、軽量化のためのカーボンファイバの多用、そして室内も更にスポーティ化を高めるアルカンターラ素材等、現行の「ウルス」よりも更にレーシングに特化したようなコンディションになることが予想されます。

 

View this post on Instagram

 

Some news: Lamborghini is going to build a higher performance version of the Urus. For lack of a better name, we’ll just call it the Urus Performante, though that’s most certainly not the name. A well placed source recently confirmed the UP’s existence to me. Details? None. We can assume more power, less weight, tweaked suspension, better tires, and since it’s Lambo, some version of their active aero system, ALA. Timeframe? No clue, but I’d expect the Urus P to follow a similar Huracán/Performante cadence. Figure two more years until it shows up. I figure Porsche has to roll out the Cayenne Turbo Coupe GT/GT5 first, and then the high performance Urus can slot in above that thing. There will also be a high output hybrid Urus, but that’s a different vehicle. I hope Lambo also builds a more off road focused variant of the Urus. Why not?? #lamborghini #urus #urusperformante @lamborghini 🇮🇹🤘🇮🇹

Jonny Liebermanさん(@jonnylieberman)がシェアした投稿 –

☆★☆「ウルス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう