見た目はトヨタ、エンジンは三菱製。中国メーカ・Beiqi Ruili(北汽道达)「Dao Da V8(道达V8)」がトヨタのアレにそっくり過ぎる件

~やはり中国メーカは模倣の天才?~

中国のパクリメーカといえば、ポルシェ「マカン」やBMW「i3」等を幅広く模倣するZotyeが非常に有名ですが、今回新たなる中国のパクリメーカが登場。

その名もBeiqi Ruili(北汽道达)と呼ばれる自動車メーカで、昨年発表したミニバンモデル「Dao Da V8(道达V8)」。
今現在も市販化されているかどうかについては不明ですが、3グレードをラインナップし約207万円~約239万円にて販売されていたとのこと。

今回公開されている「Dao Da V8」の外観を見ていくと、明らかにトヨタの前世代モデル「アルファード」や「クラウン・ロイヤルサルーン」を模倣したかのようなクロームグリルを採用し高級感を演出。
車体サイズとしては、全長4,900mm×1,830mm×1,890mm、ホイールベースは2,950mmと非常に大柄で、サイドにはスライディングレール付の手動スライドドアを採用しています(電動ではないのが残念)。

スポンサーリンク

~デザインはアレだけど意外にもラグジュアリー感はある?~

リヤデザインはこんな感じ。
フロントよりもシンプルなデザインですが、クロームトリムがテールランプ上に配置されているものの、そこまでメッキを多用している感じではなさそうですね。

インテリアはこんな感じ。
デザインは比較的シンプルで、4本スポークタイプのステアリングホイールやセンターパネルには8インチナビゲーションディスプレイ(GPSナビゲーション/Bluetooth等)を標準装備しますが、オプションにて12インチに設定することも可能だそう。

シートレイアウトはこんな感じ。
フロントからリヤにかけて2席+2席+3席の3列シート構成で、非常に広々で快適に使用が可能となっています。

気になるパワートレインについてですが、排気量2.0L 三菱製4G94D 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力136hp/最大トルク177Nmを発揮。
車名には”V8”と表記されているため、てっきりエンジンはV8エンジンかと思いきや三菱製ダウンサイジングユニットを搭載している辺りは「やはり中国」と思わせるところ。
なおトランスミッションは5速MTのみをラインナップしていて、AT/CVTは一切ラインアップしていないとのこと。

☆★☆中国メーカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:sohu.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう