ポルシェ「カイエンSクーペ」が突如としてデビュー!「カイエン・クーペ」と「カイエンターボ・クーペ」の中間グレードとして新たに追加

~「カイエンターボ・クーペ」を買うのは待った!中間的立ち位置の「カイエンS・クーペ」デビュー!

ポルシェは先日、ミドルサイズSUV「カイエン」をベースにしたクーペタイプ「カイエン・クーペ/カイエンターボ・クーペ」が販売スタートしましたが、今回新たに両グレードの中間に位置する「カイエンS・クーペ(Cayenne S Coupe)」が突如としてデビューしました。

新型「カイエンS・クーペ」のパワートレインは、エントリーグレード「カイエン・クーペ」と上位グレード「カイエンターボ・クーペ」と同じ排気量2.9L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力434hp/最大トルク549Nmを発揮するということで、まさにエントリーグレード(最高出力335hp)と上位グレード(最高出力541hp)の中間に適した一台となっています。

スポンサーリンク

~エントリーグレードには無い充実した装備内容を提供~

「カイエンS・クーペ」の駆動方式は四輪駆動を搭載し、トランスミッションは8速ATのみをラインナップしますが、直線のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.7秒、メーカオプションとなるライトウェイトスポーツパッケージの設定で4.6秒、そして最高時速は264km/hにまで到達します。

装備面においては、「カイエン・クーペ」には無いスポーツ・クロノパッケージや8wayスポーツシート、パノラマ固定ガラスルーフ、20インチアルミホイールを標準装備し、オプションによっては2列シートにするか3列シートに設定することも可能だそうです。

なお、先にもチラッと記載したライトウェイトスポーツパッケージ(Lightweight Sport Package)は、スポーツデザインのボディキットや、マットブラック仕上げのエアインテークとエアブレード、カーボンファイバ製ルーフとリヤディフューザー、そしてインテリアには、アルカンターラが採用されたステアリングヒーターやカーボンファイバインテリアトリム、そしてアルカンターラヘッドライナーがパッケージングされます。

「カイエンS・クーペ」は、今秋よりアメリカにて販売される予定で、価格は約985万からとなっています。
参考までに「カイエン・クーペ」のアメリカ価格帯は約840万円から、「カイエンターボ・クーペ」は約1,440万円からとなっています。

~プレスリリース~

新型「カイエンS・クーペ」のプレスリリース内容は以下の通り。

Now available to order: new Cayenne S Coupe with 434 hp

Powerful twin-turbo V6 engine supplements range

Atlanta. The 2020 Porsche Cayenne S Coupe is now available for customers to order. Like the standard Cayenne S, this model uses a 2.9-liter twin-turbocharged V6 engine making 434 hp (324 kW) from 5,700 to 6,600 rpm and 405 lb.-ft. of peak torque from 1,800 to 5,500 rpm. Power reaches both the front and rear axles via an eight-speed Tiptronic S transmission and Porsche Traction Management (PTM) all-wheel drive. From a standstill, the new model is capable of reaching 60 mph in 4.7 seconds with the standard Sport Chrono Package or 4.6 seconds with any of the optional Lightweight Sport Packages. Top track speed is 164 mph.

The highlights of the Coupe include a roofline 0.78 inches (20 millimeters) lower than the standard model, a more heavily raked windshield and rear window. The body has sharper proportions and in increased rear track width of 0.70 inches (18 millimeters). The new Coupe body style also includes a fixed roof spoiler that sits above the rear window and an adaptive rear spoiler that extends by 5.3 (135 millimeters) inches at speeds above 56 mph.

The Cayenne S Coupe receives upgraded standard equipment as compared to the standard Cayenne S. In addition to the Sport Chrono Package, it includes 20-inch alloy wheels, eight-way Sport Seats, a panoramic fixed glass roof and a 2+2 seating layout, although customers can choose a rear bench seat with three seatbelts at no additional cost. In compensation for the lower roofline, the rear seats sit 1.18 inches lower in the vehicle.

As with the other Cayenne Coupe models, Porsche is also offering three optional Lightweight Sport Packages. The new packages add a suite of sporty looking body modifications in a variety of materials and colors. More importantly, those packages also introduce new performance focused features to the Cayenne family: a carbon fiber roof and new 22” GT Design wheels made of forged aluminum. The same packages add special interior appointments including Houndstooth cloth seat centers. Cayenne Turbo Coupe models equipped with these packages also gain a Sport Exhaust.

The new Cayenne S Coupe will arrive as part of the 2020 model year. Dealer arrival in the U.S. is expected in fall, 2019. Starting MSRP for the Porsche Cayenne S Coupe will start at $88,600 excluding $1,250 for delivery, processing and handling.

☆★☆「カイエン」開発車両5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう