見た目は「プリウス」っぽい…韓国・ヒュンダイ「エラントラ(Elantra)」がフェイスリフトで機能性を向上、但しマニュアルは完全廃止に

~ヒュンダイ「エラントラ」がフェイスリフト!見た目はあのモデルにそっくり?~

韓国の自動車メーカ・現代自動車(ヒュンダイ)が、2019年モデル・新型「エラントラ(Elantra)」をフェイスリフトにて新たに販売スタートしました。

今回フェイスリフト版として新たに販売される新型「エラントラ」は、外観はどことなくトヨタの新型「プリウス」と「プリウスPHV」を足して2で割ったようなデザインに見えなくもないですが、パワートレインは排気量2.0L 直列4気筒アトキンソンサイクルエンジンを搭載するため、以前は6速MT/6速ATの両方をラインナップしていたものの、6速MTを完全廃止し、その置き換えとしてインテリジェント・ヴァリアブル・トランスミッション(IVT)と呼ばれる最新ATを採用しました。

スポンサーリンク

~装備内容も充実し、更には燃費も少しだけ向上~

今回新しく採用されたIVTにより、燃費性能は約1km/L向上するとのことで、前回同様ラインナップされるSEL/Value  Edition/Limitedの3グレード全てが15.0km/Lの燃費性能を実現。

これ以外の装備内容としては、デュアルゾーン自動温度調節システムや3.5インチTFTディスプレイ、SmartSense安全システム(前方衝突回避支援/レーンキープサポート等)が標準装備されます。

エンジングレードについては、大きく3種類ラインナップされるとのことで、先ほどの排気量2.0L 直列4気筒アトキンソンサイクルエンジン(最高出力149ps)と、排気量1.4L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力130ps)、そして排気量1.6L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン(204ps)となっています。

なお、グレード別の価格帯は以下の通り。

【新型「エラントラ」グレード別価格帯一覧】
グレードSE(2.0L/IVT)・・・約208万円
グレードSEL(2.0L/IVT)・・・約216万円
グレードValue Edition(2.0L/IVT)・・・約226万円
グレードEco(1.4L Turbo/7DCT)・・・約233万円
グレードSport(1.6L Turbo/7DCT)・・・約250万円
グレードLimited(2.0L/IVT)・・・約261万円

☆★☆現代自動車・関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう