ちょっとワイルドスピードを意識したトヨタ「カムリ(Camry)」が登場。巨大リヤウィング装着でいつでもストリートレースOK!

~何とも謎多きトヨタ「カムリ」が登場~

トヨタの10代目ミドルサイズセダンモデルとなる「カムリ(Camry)」を過激にカスタムしたモデルがアメリカの人気掲示板サイトRedditにて公開されています。
国内外において、現行「カムリ」のカスタム・改造モデルはあまり拝見したことがありませんでしたが、今回はちょっと珍しいカスタム内容となっています。

スポンサーリンク

~アフターパーツメーカのステッカーも無ければ、謎のパーツも装着される等、どういったコンセプトでのカスタムなのかが不明~

っというのも、今回のモデルはHKSやGReddy、AP Racingといったアフターパーツメーカ名が一切不明で、しかしトランク上部には巨大リヤウィングを装着し、ルーフエンドには謎の空力パーツ(もしかしてボルテックスジェネレータ?!)、ホワイトのディテールアクセントが加味されたリヤディフューザー、両サイド2本出しとなるクワッドテールパイプ、サイドスカートそしてボディ周りには謎のホワイトアクセント等、中々に個性的なカスタムを施した一台が登場しています。

公道での走りはどの程度かは不明ですが、もしこの個体のオーナーがワイルドスピードに憧れているのであれば、ストリートレースやドラッグレースを引き受けることは間違いなさそう。

ちなみに足元にはノーマルのアルミホイールが装着されていますが、これだけ派手なカスタムが施されているのを見ると、ちょっと足元とのバランスも微妙なところ(それか後日ホイールは新たに新調するのかもない)。

~やはりカスタムや改造は全体のバランスが重要と改めて感じることも~

ちなみにこちらは、実際に私がディーラにて試乗した現行「カムリ」。
フロントやサイド、リヤにはモデリスタのフルエアロキットが装着されるも、足元には17インチのノーマルアルミというアンバランスな組合わせでしたが、乗ってしまえば安定感は抜群。

見た目は少し恥ずかしいようにも感じますが、こうしたアンバランスなスタイリングであっても、従来の高性能な走りを提供できるトヨタは本当にレベルが高いなと感心させられるものの、一方でカスタムや改造も全体のバランスが取れて初めて成立するファッションのようなものなので、一つでも怠ってしまうと全てのバランスが悪くなるデリケートなものなのだと感じますね。

☆★☆「カムリ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう