レクサス・新型「GX」の予想レンダリングが公開。ほぼ「LX」のデザインを流用しながらも、海外ではやっぱり売れそう

~新型「GX」の予想レンダリングは想像以上に「LX」っぽ~

レクサスの大型SUVモデル「GX(Ground Crossover)」(トヨタ・ランドクルーザープラドの姉妹車)が2019年版としてフェイスとリフトを迎えるということで、以前開発車両が目撃されていましたが、今回早くも新型「GX」の予想レンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのKOAECA.RU氏で、L字型のデイタイムランニングライトや一体型のフロントヘッドライト、スピンドルグリル、フロントフォグライト等を見ていくと、そのデザインはほぼフラッグシップSUVモデルとなる「LX」そのもの。

若干フロントヘッドライトのハウジングがコンパクトになっていますが、連なるタイプ三眼LEDはそのまま引き継いでいるように感じますね。
ただ、「LX」であればデイタイムランニングライト上部にウィンカーがあるのですが、今回の「GX」ではそれが無い為、”一体どこがウィンカーになるのか?”が一切不明。

ちなみにこちらがフェイスリフト前の「GX」。
フロントヘッドライトは二眼タイプで、デイタイムランニングもコンパクトなL字形状になっています。
スピンドルグリル周りのクロームフレームは、マイナーチェンジ前の「NX」っぽくも見えますね。

スポンサーリンク

~リヤデザインも「LX」を見事に流用~

続いてはリヤテールランプ。
「GX」のリヤテールのハウジングは、他のレクサスのラインナップモデルとは異なって縦長となっているため、今回のフェイスリフトによってリヤテールが縦長になるのであれば、ウィンカーが流れるタイプのシーケンシャルになる可能性はちょっと低そう。

ただ、L字型であることには間違いなさそうなデザインで、これもまた「LX」のデザインをそのまま流用。
ですが、これが意外にもイケてるデザインで、何だかんだで海外ではこうしたデザインでも普通に売れそうな予感がしますね。

ちなみにこちらがフェイスリフト前のリヤテールランプ。
ハウジング部分はレンダリングと変化有りませんが、ライト部分が大きく変更されていますね。
あとはリヤディフューザーやリヤマフラのレイアウトが異なるぐらいでしょうか。

気になるパワートレインについてですが、詳細は不明ながらも排気量4.6L V型8気筒自然吸気エンジンが搭載されると予想され、最高出力301hp/最大トルク446Nm以上を発揮すると考えられます。
トランスミッションは6速AT、電子式ロッキングディファレンシャルを備えた四輪駆動システムを採用するものと思われます。

~ところで発表はいつになる?~

ワールドプレミアの予定についてですが、今のところ2019年11月に開催されるアメリカ・ロサンゼルスオートショー2019の可能性が高いとのこと。
恐らくそれまでには、よりデザインが明確になった開発車両やリーク画像が公開されると思われます。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう