三菱は2008年にこんな過激モデルを発表していた!バタフライドアを採用したディーゼルスポーツクーペ「RAコンセプト」

~三菱の要素一切無し!謎のコンセプトモデル「RAコンセプト」とは?!~

三菱が10年ほど前に、アメリカ・デトロイトモーターショー2008にて世界初公開したコンセプトモデル「RAコンセプト(RA:Concept)」。

このコンセプトモデルは、四輪駆動搭載のディーゼルスポーツクーペで、パワートレインは排気量2.2L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力201hp/最大トルク420Nmを発揮します。
トランスミッションはデュアルクラッチオートマチックトランスミッションを搭載し、足元には何ともダイナミックな大口径タイプのセンターロック式21インチマルチスポークアルミホイールを装着しています。

スポンサーリンク

~そのスタイリングはまさにスーパースポーツそのもの~

「RAコンセプト」は、部分的にプラスチック樹脂にて作られた滑らかなボディスタイルを持つ、異例ともいえるディーゼルスポーツモデルで、当時このモデルが登場したときは相当なインパクトを与えていたようです。
今となっては、「三菱=コンセプトSUV」という謎の方程式が成り立っていますが、10年ほど前はこういった過激なスポーツモデルを発表していたんですね。

なお、足周りの四輪駆動システムや、「ランサーエボリューション」からの技術を継承しているとのことで、ラリーにも適した高性能な走りを提供しているのだとか。

そしてもう一つの大きなインパクトを与えたのが、このバタフライドア。
マクラーレン「540C/570S/570GT/600LT…」やBMW「i8」にも採用されている上に開くドアで、横幅のスペースは大きく取りますが、乗降り性を考慮しつつスーパーカールックな一面も見せます。

~足回りは現代の三菱の四輪駆動システムを搭載~

その他の独自機能としては、三菱のアクティブ・ステアリングと呼ばれる機能で、車速とドライバの操舵入力に基づいて前輪の回転角を自動的に制御することにより、直線的なレスポンスを提供する先進性を持ち合わせています。
もちろん、「ランサーエボリューションX」から派生したオーバーオールホイールコントロール(S-AWC)も搭載され、アクティブセンターディファレンシャルやアクティブスタビリティコントロール、アクティブヨーコントロールも採用しています。

パワートレインは先ほども記載したように、排気量2.2L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力201hp/最大トルク420Nmを発揮しますが、燃費を改善するためにアルミ製スペースフレーム上にあるボディパネルの一部にはプラスチック樹脂を採用することで軽量化を図っているとのこと。

インテリアはこんな感じ。
外観とは異なり、どこかアンティーク調のデザインにも見えます。

運転席から見るインフォテイメントディスプレイやステアリングホイールはこんな感じ。
先進的なコックピットをイメージさせるデザインで、フラットボトムなステアリングがまた良い味を出していますね。
まさかのエンジンスタートボタンはステアリングの下側という斬新さ。

The MITSUBISHI Concept-RA offers a unique interpretation of the sporty coupe. This two-seat pure coupe concept explores the transversely mounted, front engine packaging theme. Generous helpings of technology create a vehicle that combines exotic appeal, outstanding, fun-to-drive dynamics and heightened sensitivity for the environment

Design

Developed as a technological showcase for Mitsubishi Motors, the Concept-RA displays athletic sport coupe proportions wrapped in dynamic flowing lines that provide a powerful and compelling showpiece for the car’s advanced, high technology features. Broad, muscular wheel arches house 21-inch wheels and lend graphic expression to the high degree of road control and tenacious grip afforded by the next generation S-AWC system. Meanwhile, an exposed engine cover highlights the presence of the car’s high output, efficient, clean diesel engine design. The Concept-RA’s inverted-slant nose and trapezoidal grille fascia reinforce Mitsubishi Motors’ new design identity, albeit suitably revised to reflect the concept’s sporty coupe attributes.

Concept-RA’s deep red exterior hue graphically accentuates the coupe’s fluid, muscular body lines, and offsets a matte black engine hood that helps impart the vehicle’s strong mechanical flavor. The interior has been developed to show a fusion of tradition with leading-edge touches. The cockpit’s wraparound control layout uses minimal visual instrumentation and optimizes the switch and control layout. This reduces the driver’s physical and mental workload, allowing full concentration on driving. The interior also makes extensive use of fine-quality natural materials in a design that delivers the utmost control, confidence, and vehicle involvement to the driver.

Mechanical

The MITSUBISHI Concept-RA’s Super-All Wheel Control driveline is a next generation all-wheel-drive system that adds Active Steering and Active Suspension control to the ACD, AYC, ASC, and Sport ABS components that comprise the highly capable system used on the 2008 Lancer Evolution. Concept RA’s S-AWC system integrally manages these components to realize advanced levels of control over drive torque, steering input, vehicle roll, and braking at each wheel, thereby raising traction, cornering and vehicle stability levels. Such capability affords Concept-RA intuitive, on-demand vehicle behavior that faithfully reflects driver intent by reacting instantly, under a variety of driving conditions, from everyday use to emergency avoidance situations.

MITSUBISHI Concept-RA is powered by a new, high output, high-efficiency 2.2-liter 4-cylinder DOHC 16-valve turbo diesel engine with MIVEC. This clean diesel’s MIVEC system incorporates valve lift control with low and high-speed cam profiles actuating the intake valves. A Piezoelectric injector, common-rail direct fuel injection system allows the engine to use of a lower static compression ratio. The new diesel showcases a VD/VG (Variable Diffuser / Variable Geometry) turbocharger whose internal vanes can control airflow over the turbine and compressor surfaces to produce optimum boost characteristics at all times. The efficient, low emissions diesel unit delivers a maximum output of 201 hp (150 kW) and maximum torque of 310 ft. lbs. (42.8 kg-m). For compliance with Tier 2 Bin 5 emission regulations in the United States, the clean diesel powerplant relies on a new catalytic converter system that combines a diesel oxidation catalyst (DOC), NOx trap catalyst (NTC) and diesel particulate filter (DPF) technologies.

In an effort to reduce vehicle weight to improve fuel economy, vehicle performance and safety, MITSUBISHI Concept-RA features a new, rigid body structure using an aluminum space frame made from extruded aluminum sections and die-cast aluminum components. In addition, the engine hood, fenders and other outer panels made from lightweight, impact-resistant and easily recyclable plastic resin.

MITSUBISHI Concept-RA specifications

・Overall length (mm): 175 inches (4,445 mm)
・Overall width (mm): 74.6 inches (1,895 mm)
・Overall height (mm): 51.8 inches (1,315 mm)
・Wheelbase (mm): 103.7 inches (2,635 mm)
・F/R track (mm): 63.2 inches (1,605 mm)
・Occupants: 2
・Engine: 2.2-liter in-line four cylinder Clean Diesel
・Max. output: 201 hp (150 kW)
・Max torque.: 310 ft. lbs. (42.8 kg-m)
・Driveline: Full-time 4WD (S-AWC)
・Transmission: Twin Clutch SST
・Tires: 285/30R21

☆★☆コンセプトモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう