BMW・次期「1シリーズ」のティーザー画像解禁!フロントデザインも明らかに、インテリアには次世代コックピットも採用だ!

~新型「1シリーズ」の詳細が一挙に明らかに!~

2019年内に日本でも発売を予定しているBMWの次期「1シリーズ」のティーザー画像が遂に解禁されました。
今回公開されているのは、次期「1シリーズ」のフロントデザインで、恐らくグレードとしては最上位グレードとなる「M135i」。

フロントヘッドライトは2眼タイプで、LEDデイタイムランニングライトはU字ラインが連なっていることが確認できますね。
そして個人的に気になっていたフロントのキドニーグリルですが、若干大口化しながらも、新型「3シリーズ/X5」のようにグリルシャッターが設けられず、新型「Z4」のようなアグレッシブなグリルが採用されています。
ただ、このデザインはあくまでも「M135i」の場合なので、それ以外のグレードにおいてはどのようなデザインとなるかは不明。

スポンサーリンク

~リヤテールはシャープながらもワイドなデザインに~

リヤテールランプもほぼ露出しちゃってますね!
リヤテールのハウジングは非常に横長になり、LEDテールランプが採用され、非常にシャープなL字に近いデザインとなっていることが確認できます。
またリヤマフラにおいても、両サイド1本だしではなく、片側1本だしと非常にシンプルに仕上げられています。

~インテリアはまさかの次世代デジタルコックピットに!~

続いてはインテリアですが、新型「3シリーズ/Z4/X5/8シリーズ」にも採用されているフルデジタルインストルメントクラスターを設定していますね。
これは次世代デジタルコックピット「BMWオペレーティングシステム7.0」と呼ばれるもので、カスタマイズ可能なディスプレイになっていて、オイル温度や燃費を始め、ドライバーに常に最新の情報を表示して直感的な操作を特徴としています。

気になるパワートレインについてですが、エンジンは基本的にガソリンとディーゼルで、そこに新たにハイブリッドモデルも追加されることになりそうです。
特にハイパフォーマンスモデルとなる「M135i xDrive」は、排気量2.0L 直列4気筒ツインパワーターボ技術を搭載し、最高出力306psを発揮すると予想。
これによって、競合モデルとなるメルセデスベンツ「AMG A35」との全面的なバトルが繰りひろげられそうな気がしますね。

☆★☆新型「1シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう