【300馬力発揮&50kg軽量化】アルピーヌ「A110スポーツ」と思われる開発車両が登場。0-100km/h加速は僅か4秒との噂【動画有】

~あの噂の「A110」のハイパフォーマンスモデルの開発車両が登場!~

アルピーヌ・2ドアスポーツクーペ「A110」の更なるハイパフォーマンスモデルと思われる「A110スポーツ」の開発車両が目撃されています。
今回目撃されているモデルは、「A110」の車両をベースにしながらも、軽量化ならびにエンジンチューニングを施すことで、更なるパフォーマンスと走行性能を高めたレーシーな一台となります。

おそらく今回のモデルは、以前より噂されていたルノー「メガーヌRSトロフィー」に近いモデルで、パワートレインは排気量1.8L 直列4気筒ターボエンジンはそのままに、最高出力252ps→300ps/最大トルク320Nm→400Nmまで引き上げると考えられ、加えて車体重量も1,110kg→1,060kgへと50kgの軽量化が施されるのではないか?とも言われています。

スポンサーリンク

~加速レベルはポルシェ「カレラGT」並み!~

しかも、0-100km/hの加速時間は4.0秒へと大幅に短縮される可能性が高いとのことで、この加速性能を持つ個体はレクサス「RC F」やポルシェ「カレラGT」、アウディ「R8 V10」、BMW「M5」であることから、相当にパワフルな一台であることが期待されています。

ちなみに今回目撃されている開発車両を改めてチェックしていくと、外観はほとんどカモフラージュが分厚めなので、はっきりとした変更点をチェックすることはできないものの、エンジンサウンドはより重厚感がありながらも、サスペンションも調整されているのか車高はかなり低め。
リヤテールのウィンカーは流れるタイプのシーケンシャルになっていますね。

なお、今回目撃されている「A110スポーツ」は、早くとも2019年10月に登場すると予想されていて、もしかするとフランクフルトモーターショー2019にてデビューする可能性もあるかもしれません。

そしてこれはあくまでも噂ですが、現在アルピーヌはオープンタイプの「A110カブリオレ」の開発も進められていて、もう一つはメルセデスベンツのプラットフォームをベースにしたSUVモデルの開発も今後進められるとのことですが、具体的なデビュー時期等については明らかにされていません。

【IS THIS THE RUMORED 300HP ALPINE A110??】

☆★☆「A110」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう