ランボルギーニ「ウルス(Urus)」のハイパフォーマンスモデルは”ST-Xコンセプト”がベースになる模様。公道だけでなくサーキットやオフロードでも活躍するチャンピオンシップモデルに

~「ウルス」の次期ハイパフォーマンスモデルの情報が一部明らかに~

ランボルギーニは以前、2021年までにSSUVモデル「ウルス(Urus)」のハイパフォーマンスモデル登場の可能性を示唆していましたが、今回このモデルに関する開発レポートが自動車ニュースサイトDigital Trendsより明らかとなりました。

スポンサーリンク

~開発ベースは特別モデルの「ST-Xコンセプト」?~

同サイトの情報によると、今回開発されるモデルは、以前にスクアドラ・コルセのモータスポーツの専門知識によって再設計されたスペシャルモデル「ウルスST-Xコンセプト」がベースになるとのことで、オフロードトラックやオンロード、そしてサーキットといったオールジャンルにて頂点を極める究極の一台になると説明しています。

なお「ウルスST-Xコンセプト」は、スタンダードな「ウルス」からのアップデートを最小限に抑えており、主にロールケージやねじり補強、より大口化されたダクト(デザイン)、カーボンファイバパーツの多用による軽量化を行うことで、サーキットにも適したクレイジーなモデルとなっています。

ただ、外観については「ウルスST-Xコンセプト」になるとは限らず、あくまでも開発ベースがこのモデルなだけというもの。
全く一緒になるということは無いと思いますが、エンジン出力などは更にパワーアップしてくることは間違いないでしょう。
加えて次期ハイパフォーマンスモデルの「ウルス」の競合は、ベントレー「ベンテイガ・スピード」やポルシェ「カイエンターボS-Eハイブリッド」あたりが濃厚だと思われます。

☆★☆「ウルス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう