レクサス・新型「RC F Carbon Exterior Package」見てきた!イエローとカーボンブラックの相性は抜群!「マイナーチェンジして正解」と思わせる高い完成度だ!【動画有】

2019-05-21

~まさかこんなに早く見れるとは…レクサス・新型「RC F」を早速見てきた!~

本日5月19日(日)、毎年の恒例イベントとなっているクラシック&エキサイティングカーによるラリーイベント「TOYOTIRES NCCR 2019」に行ってきました。
昨年は滋賀県彦根市~福井県敦賀市(赤レンガ倉庫)のルートでしたが、今年のTOYO TIRES NCCR 2019は、彦根~若狭と若干の変更となりましたが、ギャラリー多数・スーパーカー/スポーツカー/クラシックカーも60台近く登場し、終始熱気に包まれたイベントでした。

今回そのイベントの中で、大きく注目されたのが5月13日にマイナーチェンジしたばかりのレクサスのハイパフォーマンス2ドアクーペ「RC F」。
この個体は、協賛企業となるレクサス豊中さんのデモカーということで、今回特別に参加車両として登場。

実はこの個体、レクサスの中でもトップグレードモデルになるため、展示することのないディーラがほとんど。そのため、現車を生で拝見するのはかなり難しいのですが、まさかこんなに早く生で拝見できるとは思いませんでした。
TOYO TIRES NCCR 2019を主催の皆様、そしてレクサス豊中 様には心から感謝です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速新型「RC F」の外観をみていこう~

改めて新型「RC F」の外観をチェックしていきましょう。
今回登場したのは、中間グレードとなる「RC F Carbon Exterior Package」で、ボディカラーはスポーティで美しいネープルスイエローコントラストレイヤリング、インテリアカラーはセミアニリン本革のブラック&フレアレッド仕上げとなります。

まずこのモデルの大きな特徴が、カーボンパーツの多用。
フロントフードやルーフ、格納式リヤウィングにCFRP素材を採用し、更にはオプションとなるカーボンフロントスポイラー(+270,000円)やカーボン大型ロッカーフィン(297,000円)、カーボンリヤディフューザー(324,000円)がフル装備された豪華な一台となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

フロントライトも、アローヘッド形状のデイタイムランニングが独立式から一体型へと変更され、LEDヘッドライトはデルタ形状の三眼から縦型三眼へと変更。
当初「このデザインってどうなのよ?」と思ったりもしましたが、こうしたスポーティな外観との相性は非常に良くマッチしていて、見慣れてくると「とんでもなくカッコいいなおい!」と思ってしまう程。
この辺りのレクサスのデザイン性の考え方については、いつも感心するばかりですね。

~何度か見返してみるとそのまとまりと完成度の高さがわかってくる~

こちらはサイドから見たスタイリング。
カーボンの使い方は賛否あるものの、イエローとの相性は抜群だと思います。

足元にはオプションとなるBBS製スパイラル10本スポーク鍛造アルミホイールを装着。
ブレーキキャリパは標準にてレッドが塗装されていますね。

真横から見てみるとこんな感じ。
個人的に「RC F」の10本スポークは、レクサスのホイールデザインの中でも圧倒的にクールだと思っています。

リヤデザインはこんな感じ。
L字型のリヤテールランプは、より立体的で角度が際立ちますが、このデザインとカーボンリヤディフューザーと両サイド2本出しの4連エキゾーストパイプとの組み合わせもグッド。
細部までレクサスのこだわりが伝わってくるスポーティな一台となっています。

【20190519_レクサス・マイナーチェンジ版 新型「RC F Carbon Extrior Package」見てきた! TOYO TIRES NCCR 2019 福井県若狭町・年縞博物館】

☆★☆TOYOTIRES NCCR 2019関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう