パガーニ「ウアイラBCロードスター」とワンオフモデルの「ウアイラ・ドラゴン」の開発車両が登場。その姿はもはや戦闘機レベル

~あと1週間?パガーニ新型モデル2台の開発車両が登場~

パガーニは以前、過激チューナーでお馴染みTopCarへと委託されるワンオフモデル「ウアイラ・ドラゴン」を発表しましたが、今回そのワンオフモデルと思われる開発車両が目撃されています(発表はおそらく5月末)。
「ウアイラ・ドラゴン」は、「ゾンダ・チンクエ」からヒントを得たモデルで、アグレッシブなフロントエンドに更に特注のスポイラーやサイドスカート、リヤディフューザーを装着しています。

パワートレインは、「ウアイラ/ウアイラBC」より流用される排気量6.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力745hp/最大トルク1,100Nmを発揮します。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~「ウアイラBCロードスター」はモデル最軽量&最強のパワーを持つ一台に?~

このモデルの他にも、オープンモデルとなる「ウアイラBCロードスター」の開発車両も目撃されていますが、「ウアイラ・シリーズ」の中で最もエクストリームなモデルになること間違いなしの一台で、更に大幅な軽量化が期待されています。

「ウアイラBCロードスター」のパワートレインは、AMG製V型12気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力は過去最強の780hp前後になるのではないかと予想されています。

外観については、ほぼほぼ「ウアイラBCクーペ」と同じものになると思われますが、巨大なリヤディフューザーやフロントスポイラーはとにかくド派手でクレイジー。
「もし仮に日本にて納車されたら車検通るの?」と疑ってしまうほどの過激なデザインを持ちますが、これでも一応公道仕様モデルとなります。

【TOP SECRET Pagani Huayra BC Roadster AND Dragon Edition DRIVING!!】

☆★☆パガーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう