【世界限定1,000台のみ】ポルシェ「911GT2RS」を見てきた!他のポルシェとは圧倒的に異なるスタイリング、カーボンとマグネシウムを採用したライトウェイトスーパースポーツ

~「911GT2RS」はまさに公道を走るレーシングカーだ~

先日5月19日(日)、毎年の恒例イベントとなっているクラシック&エキサイティングカーによるラリーイベント「TOYOTIRES NCCR 2019」に行ってきました。
昨年は滋賀県彦根市~福井県敦賀市(赤レンガ倉庫)のルートでしたが、今年のTOYOTIRES NCCR 2019は、彦根~若狭と若干の変更となりましたが、ギャラリー多数・スーパーカー/スポーツカー/クラシックカーも60台近く登場し、終始熱気に包まれたイベントでした。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回は、ポルシェの最高峰モデルでニュルブルクリンク市販車最速記録を更新した世界限定1,000台のみ販売の「911GT2RS」をご紹介。
以前にも、福井県・金津創作の森にて同車が登場しましたが、そのモデルとはまた異なる装備内容となっていて非常にダイナミックな一台でした。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~オーナーの9割以上が必ず装備するヴァイザッハ・パッケージ付~

早速ポルシェ「911GT2RS」を見ていきましょう。
今回登場した個体は、ホワイトのボディカラーを基調としながらも、あらゆるところにカーボンファイバを採用した過激な2トーン仕様。

このカーボン素材は、「911GT2RS」をオーダーした人の9割近くが選択するヴァイザッハパッケージと呼ばれるオプションで、そのオプション費用は約300万円と高額ながらも、その価格以上の高いパフォーマンスを発揮できるだけの技術が集約した満足度100%レベルの内容となっています。

具体的には、足元のゴールドカラーっぽく見えるセンターロック式のマグネシウムホイールや、エアロパーツのアップデート、大型リヤウィングのPORSCHEロゴ、そしてインテリアのアップデート等が施された豪華なパッケージング内容となっています。

ポルシェのフロントフェイスって、他の「911シリーズ」と非常に似ているようにも見えますが、この「911GT2RS」に関しては大口化されたエアインテークやダイナミックなフロントスポイラー、そしてフロントエンドリップには”GT2RS”と大々的にデザインされているので非常にわかりやすいですね。

サイドミラーカバーもカーボンファイバを使用。
チラッとだけ車内が見えますが、しっかりとロールケージが装備されているのがわかるかと思います。

「これ本当に車検通るの?」と言わんばかりの超ワイドな巨大リヤウィング。
明らかに車幅をオーバーするサイズ感ですが、恐らく車検の際は外す可能性が高そう…それぐらい過激で規格外の一台だと思います。

リヤディフューザーと一体型のマフラ内には、更に2本のエキゾーストパイプが集約されていますね。
厳密には両サイド2本出しのクワッドエキゾーストパイプとなります。

気になるパワートレインですが、このモデルは「911ターボS」のエンジンをベースにしているため、排気量3.8L 水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力700ps/750Nmを発揮します。

なお、こちらのオーナー様は、「911GT2RS」を始め数十台の「911シリーズ」、そして超希少モデルとなる「918スパイダー」も所有する有名実業家でもありますね。

☆★☆TOYOTIRES NCCR 2019関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう