【世界限定50台のみ】アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」に”ジェームズ・ボンド・スペシャルエディション”が登場。価格は約4,300万円から、2019年後半より納車予定

~アストンマーティンから映画「007」放映50周年記念モデルが登場!~

映画「007」にて登場する代表的な自動車メーカといえばアストンマーティンですが、この映画が放映されてから50周年を記念する特別モデル「DBSスーパーレッジェーラ”ジェームズ・ボンド・スペシャルエディション”(DBS Superleggera James Bond Special Editon)」が世界初公開されました。

スポンサーリンク

~50年前の「DBS」を踏襲したレトロと現代の融合モデル~

このモデルは、放映50周年に合わせて世界限定50台のみ販売されるとのことで、1969年に登場した「DBS」のオリーブグリーンに近い色合いにて塗装された特別なボディカラーに加え、レトロチックともいえる特注のフロントグリルを採用しています。

外装部分のあらゆるところにはカーボンファイバが採用されているとのことで、高級感の中にスポーティ感も加味しています。

足元には何とも複雑すぎるY字スポークを幾重にも重ねた鍛造アルミホイールを装着しています。

続いてはインテリア。
シートはフルレザーを採用し、レッドのカラードステッチを縫合した紳士的でスポーティな仕上がりに。

ドアサイドシルには、映画「007」のタイトルロゴや「DBS」のロゴも加味されています。

後席間にも、映画「007」のロゴがエンボス加工された収納ボックスを準備。これはかなり味があってジェントル。

パドルシフトは高級感漂うレッドカーボンを採用しています。
気になるパワートレインについては、「DBSスーパーレッジェーラ」をベースとした排気量5.2L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力725ps/最大トルク900Nmを発揮。
直線のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.4秒にまで到達します。

なお、今回発売されている「DBSスーパーレッジェーラ”ジェームズ・ボンドスペシャルエディション”」の価格帯は約4,300万円からとのことで、既に現在生産中、早くとも2019年後半には納車される予定となっています。

【Aston Martin On Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera Special Edition】

☆★☆「DBSスーパーレッジェーラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう