まさか…福井放送元社長である坪田清則(87) 容疑者がひき逃げの疑いで逮捕。坪田容疑者「車に当たったとは思わなかった」

~福井放送の元社長がひき逃げで逮捕~

本日5月23日(木)午前、福井放送役員である坪田清則(87) 容疑者が道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕されたことが分かりました。
逮捕の詳細としては、坪田容疑者が昨日5月22日(水)の午後16時前ごろに、福井市大宮2丁目の国道416号線の交差点にて、右から来た福井市の女性会社員(40)の軽自動車と衝突し、そのまま停車せずに逃走し、更に女性は頸椎捻挫の軽傷を負ったとのこと。

スポンサーリンク

~双方で食い違う情報、目撃情報が頼りに~

なお、事故現場は信号のある十字路の交差点ということで、男女の説明によるとそれぞれ「青信号だった」と説明しているとのこと(つまりどちらかが嘘をついている)。この辺りは目撃情報もしくはドライブレコーダーが設置されていたらその情報が頼りとなりそうです。

衝突車両の損傷具合については今のところ明確な情報が出てきていないため何とも言えませんが、衝突した坪田容疑者の説明では、「車に当たったとは思わなかった」と説明していて、そもそも衝突していたという認識がなかったとのことから、認知症の疑い等もあるとして詳しく調査中とのこと。

恐らく、今後調査していく上で「車が勝手に突っ込んできた」「アクセルとブレーキを踏み間違えた」といった説明が加えられるのではないか?と推測していますが、ひき逃げしている以上は坪田容疑者に非があるため、ここは言い逃れができないのが事実。

なお、坪田容疑者は福井放送の非常勤取締役として重責を担う人間であり、過去には社長や代表取締役会長を歴任した経験もあるほど。
実はこの方とは、過去に一度だけ24時間テレビのチャリティ関連でコミュニケーションをとったことがあるのですが、非常に物腰が柔らかく、会話のやり取りやレスポンスも非常に良かったと記憶しているため、今回のような事故があったことは非常にショックでした。

なぜこのような経緯となってしまったのかは不明ですが、しっかりと事実関係をはっきりとさせてほしいところです。

☆★☆事故・関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:福井新聞

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう