トヨタ「CH-R」ハイブリッドを見積もりしました。最低限のオプションで有れば340万円台か

2016-12-31

scan-29-2

さて、先日のトヨタ「CH-R」ハイブリッドモデルを試乗した際に、あわせて見積もりも取得。
見積もりを取らせていただいたのは、「CH-R」のハイブリッドモデルで上位グレードの”G”となります。

車両本体価格+オプション+諸経費=412万3,928円と非常に高額ではありますが、私自身が寒冷地に住んでいることも見越して、スタッドレス用ホイールもオプションに加味(12万4,200円)
していますので、それを差し引くと399万9,728円と400万円を切ってきますね。

関連記事:まずはハイブリッドから、やはり国産最高クラスの仕上がり。トヨタ「CH-R」に試乗する

スポンサーリンク

なお、お見積りの内訳は以下の通りとなります。

車両モデル:C-HR(HV) グレード”G”
車両本体価格:2,905,200円

【メーカオプション(後付けができないオプション)】
[外装]
○ブルーメタリック

[内装]
○本革・リコリスブラウン ・・・※
 注)内装のメーカオプションについては、本革かその下位にあるファブリック+本革の2種類のみでカラーもブラウンのみと非常に選択の幅が狭いですね。

[タイヤ]
○タイヤ&ディスクホイール ・・・0円
 225/50R18タイヤ&18*7Jアルミホイール(標準)

[メーカオプション詳細]
○アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/コンセント) ・・・43,200円
 注)アクセサリーコンセントはハイブリッドモデルでしか選択できないオプション

○BI-BEAM LEDヘッドランプ+本革/リコリスブラウン ・・・226,800円
 ※内装の本革と合わせての金額となります。
  流れるウィンカーのオプション費用

○バックカメラ ・・・37,800円

○寒冷地仕様 ・・・28,080円

メーカオプション計 ・・・335,880円

【ディーラオプション(後付けが可能なオプション)】
○CPCペイントシーラント(ミディアム) ・・・54,000円
 コーティング費用となります。
 コーティングが好みの問題もありますので、省いても問題はないかと。

○フロアマット・ラグジュアリータイプ ・・・31,320円
 純正フロアマットですが、社外品では1万円以下で購入できるので、このオプションは省いても良いオプションかもしれないですね。

○ロングラゲージマット ・・・17,280円
 トランク用のマットになります。
 おそらくトランク用のマットの中で一番高価なものではありますが、無くても特に問題なし。

○IRカットフィルム・スモークリヤサイドバック ・・・36,720円
 後席のリヤガラスに貼るUV・紫外線対策用のフィルムとなります。

○サイドバイザーベーシック ・・・16,200円
 サイドウィンドウに付いているひさしのようなもので、雨の日等の悪天候の時にでも、車内を換気したいときに窓を少し開けても雨が入ってこない便利なオプションだと思います。

○ナンバーフレーム・デラックスフロント ・・・2,160円
 特につけなくても問題なし

○ナンバーフレーム・デラックスリヤ ・・・2,160円
 特につけなくても問題なし

○オートアラーム・プレミアム ・・・70,200円
 車上荒らし対策
 ”オートアラーム・ベーシック”は車内のバッテリにて動作しますが、プレミアムはバッテリ不要。価格も7万円超えと非常に高いので、特に気にされない方はつけなくても良いオプションかもしれません。

○ETC車載器 ・・・25,920円
 これは必須ですね。

○ドライブレコーダー ・・・30,240円
 車上荒らしや事故対策用のオプション
 本体+工賃込みの価格ですが、安心をお金で買うということを考えると重要なオプションかもしれないです。

○TCナビ9インチモデル ・・・278,640円
 このオプションは完全に好みによって分かれますね。
 標準が7インチとそこそこのサイズなので、9インチまで求めない場合は付けなくても良いオプションかもしれません。

○17インチアルミホイール ・・・124,200円
 スタッドレス用のトヨタモデリスタアルミホイール。
 タイヤ費用が入っていないため、もう少し価格は上がると思います。

ディーラオプション計 ・・・689,040円

【諸経費】
消費税・地方消費税合計 ・・・294,636円

【総支払額】 ・・・4,123,928円

なお、この総支払額から差し引けるものは多数ありますので、必要最低限のオプションにすれば340万円ぐらいまでは下がるかもしれません。

また、ご参考までにですが今回お支払プランにてトヨタの残価設定にてシミュレーションをしてみたところ、「CH-R・ハイブリッド」の残価は3年(36回)で55%5年(60回)で40%と非常に高いことが判明。
月々の支払いをグッと抑えることができますね。
やはり海外でもこの個体はかなりの注目度が高く(新車を海外に転売すると、新車価格よりも高く売れてしまうとか…)、トヨタが渾身を込めた一台だけあって、非常に魅力的な設定値だと思います。

【お支払プラン】
頭金 ・・・930,120円
割賦元金 ・・・3,000,000円
支払回数 ・・・60回(5年)
初回 ・・・38,950円
毎月 ・・・38,600×58回
最終回支払 ・・・1,016,820円(実質年率 2.9%)

なお、上記支払いプランの割賦元金は、車両本体価格のみとなっていますが、オプションを加味した金額でも適用されるとのこと。
上記より、300万円相当の車でも、頭金100万円以下を支払えば月々約3万円にて乗れてしまうという個体なので、人気が高いということにも頷けますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう