アルピーヌ「A110 GT4」?の開発車両がニュルブルクリンクにて登場!オレンジのアクセントはカモフラージュ?がっつりシャコタンで腹下ガリガリ

~更なるハードそうな謎の「A110」の開発車両が登場~

以前、アルピーヌ「A110」のハードコアモデルと思わしき謎の開発車両が、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて目撃されましたが、今回は更に過激ともいえる「A110 GT4」らしき開発車両が登場。

このモデルは、スイス・ジュネーブモーターショー2018にて登場した個体だと思われ、通気性のあるカーボンファイバ製フードやコンパクトなフロントスプリッター、そしてカモフラージュデザインだと思われるオレンジのアクセントが確認できますね。

なお、このモデルに関する詳細な情報については明らかにされていませんが、7月4日に開催されるグッドウッド・フェスティバルオブスピードにて紹介される一台となるようで、恐らくポルシェ「718ケイマンGT4クラブスポーツ」を意識した1台だと思われ、エンジンも更に強化されていると思われます。

スポンサーリンク

~それにしても車高低すぎない?~

改めて開発車両をチェックしていくと、足周りはかなりローダウンされていますが、恐らく調整可能なオーリンズショックアブソーバーと40mmローダウンしたライドハイト、ロールケージ、マグネシウムブレンボ製ブレーキシステムを採用しているものと考えられますが、多分腹下完全にガリガリいってるでしょうね、コレ。

リヤハッチガラスにはGT4と思われるステッカーが貼付されていますが、その真偽については今のところ不明。
気になるパワートレインですが、レーシングエキゾーストとハイフローエアフィルターを装備した排気量1.8L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンをリヤミドシップに搭載し、最高出力300ps以上/最大トルク350Nm以上を発揮すると予想。
トランスミッションは6速シーケンシャルとリミテッドディファレンシャルを介して、後輪に伝えるものと思われます。

☆★☆「A110」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう