BMW・新型「X1」の画像が遂にリーク。まさかのフロントフォグランプ無し!キドニーグリルは少し大口化し、ブラックパーツも増えてアグレッシブに

~早くもBMW・新型「X1」のフロントデザインがリーク!~

2019年後半にフェイスリフトモデルとして新たに発売される、BMWのエントリークロスオーバーモデル・新型「X1」が早くもリークしています。
今回リークしている画像は、中国専売モデルとなるロングホイールベースモデルとなりますが、エクステリアデザインは全世界の市場にて共通となる新型の顔つきで、非常にアグレッシブに進化しています。

スポンサーリンク

~現行モデルよりも更にアグレッシブでメリハリをつけたスポーツ仕様~

フロントフェイスに注目してみると、上位グレードの「Xシリーズ」より流用された鋭いフロントヘッドライトや、若干大口化したであろうシングルピースのキドニーグリル、そして現行モデルには装備されていたフロントフォグランプが今回のフェイスリフトモデルではなくなっていますね。

またフロントのエアインテーク部分も改良されていて、ブラックのパーツが追加されることでよりスポーティ且つアグレッシブに進化していることがわかりますね。

リヤエンドはこんな感じ。
リヤについてはテールランプクラスターが若干変更されたものの、それ以外のところはほとんど変化無しといったところでしょうか。

ただ、リヤエキゾーストパイプ周りのリヤアンダーバンパーはボディカラーと同色素地に変化し更にワイド感が強調されています。

~インテリアはリークしていないものの、ワイドなフルデジタル仕様に変更へ~

なお、今回インテリアの画像はリークしていないものの、他のグレードと同様に12.3インチのバーチャルインストルメントクラスターを採用する可能性が高く、新たなデザイントリムも追加ラインナップされる予定となっています。

気になるパワートレインについては、排気量1.5Lと2.0Lのガソリンエンジン、そして排気量2.0L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンの3種類がラインナップされる予定となっています。
プラグインハイブリッドモデルについては、現在中国市場のみにて提供されていますが、今回のフェイスリフトモデルによって欧州やアメリカ、そして日本市場でもラインナップされる可能性が高そうです。
なお、プラグインハイブリッドモデルでは、フルエレクトリックモードのみでの航続可能距離は約110kmと約83%も向上すると言われていて、ガソリンでの走行も含めるとかなりの低燃費走行が期待できそうです。

☆★☆新型「X1」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう