ベースモデルは何?タイにて、意外と完成度の高いランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」のレプリカが登場。

~タイにてとんでもないレプリカモデルが製作中~

タイのアフターパーツメーカーにて、世界限定9台のみ製造された超希少モデル・ランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」のレプリカモデルが公開されています。
今回公開されているモデルは、トヨタ「MR2」のオープンモデル「MRスパイダー」がベースになっているとのことで、全体的なサイズ感はもちろんですが、プラットフォームは本物よりもかなり小さめに設計されていて、「ヴェネーノ」の大きな特徴でもあるステルス戦闘機のような複雑な造りが見事に表現されていますね。

スポンサーリンク

~完成度はかなり高め。細部にまでこだわった究極のレプリカモデル~

なお、この「ヴェネーノ・ロードスター」のレプリカモデルがどのような素材を使用しているかはわからないものの、とりあえずプラットフォームはトヨタ製で、ヘッドライトレスであることからまだ製作途中であることがわかります。

ちなみに、個人的に最も関心を受けたのがリヤデザインで、本物に非常に良く似たリヤエンジンカバーや巨大リヤウィング、リヤディフューザー、そしてリヤエンドの細かい作りは完成度が高く、まさかのセンター4本だしのリヤエキゾーストパイプまで模倣しているところに、かなりの強い拘りが見られますね。

タイのアフターパーツメーカは、今後このモデルを製造後に販売するのか、それとも展示用のデモカーとして活用するのかは不明ですが、間違いなく注目を浴びる一台となりそうですね。

☆★☆レプリカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう